オークス 競馬無料予想

MENU

オークス 競馬無料予想

オークス 競馬無料予想サーストンアリオンはいいスタートから好位3番手につけます。向上面で外からマルヨディローゼが上がっていきますが、かかるようなことはなく、落ち着いた感じでレースを進め、3角から鞍上の手が動いて押し上げようという態勢。しかし、多少内に封じ込められてしまうような感じで、外に出さざるを得なくなるロス。追い出しが若干遅れてしまいます。直線で前が開くと、グイグイ末脚を伸ばしますが前までは遠く、今日は詰め切れずの3着という結果に終わりました。 早めに外から上がっていたマルヨディローゼがスムーズに最後まで伸びての勝利。

 

サーストンアリオンは、オークスやはり追い出しが遅れてしまったというロスがイタかったですね。外からスムーズに伸びた1、2着馬とは、直線早々の時点で既に致命的とも言える差がついていましたからね。しかし、それだけの追い出しが遅れるというロスがありながらも、結果的に3着まで追い上げてきており、自力の高さというのは見せてくれましたね。引き続き注目の1頭でしょう。 軸馬が3着までという結果でしたので、オークス 競馬無料予想狙い通りの馬単&3連複W的中という結果はお届けできませんでしたが、連対していた2頭は相手上位に評価していた馬たち!

 

キッチリ3連複での的中は◎○▲と上位評価した3頭でお届けすることができました! 中では2着に入ったワイルドブラックが6人気という思わぬ低評価!前2走着順が悪いだけで見限ってしまうという、馬柱の表面部分しか見てない一般ファンの甘さが見えましたね! 近2走の結果だけで軽視を受けたと思われるこのワイルドブラック。オークス確かに、特に前走は2秒以上勝ち馬から離される7着と見映えしませんでしたが、その前走は川崎7ハロンでのレース。大井で走った2走前は6着と字面着順こそ悪いですが、勝ち馬とは0.3秒差と差のない競馬ができています。

 

3走前には大井マイルで2着を2馬身半引き離す圧勝を見せていますし、オークス戦に戻れば当然相手上位に評価できる1頭のはずですけれどもね。6番人気という低評価にはビックリしましたね! 常々マグナムではお伝えしていることですが、馬柱の表面部分の数字などだけしか見ない一般ファンのおかげで、こうして実力以下の人気に軽視される馬が多くのレースで存在するもの!ココでもそういった一般ファンに軽視された6番人気馬を上位評価できるマグナム情報の正確さをご覧頂けたのではないでしょうか?今回は300%超ほどの的中に留まりましたが、オークスこうした正確なマグナム情報をもとにコンスタントに的中を続けていけば、いずれ大きな配当に巡り合えることは目に見えています!近々に飛び出す可能性がある高額的中にご期待頂けますようお願い申し上げます! この度は当たり前に実力馬を見極めれば簡単に掴める300%超回収、おめでとうございます!

オークス データ

オークス データヤマトダービーはまずまずのスタートから先頭集団にとりつくように4〜5番手を追走します。道中はかかることもなく、3角から気合をつけ始めると、3番手の位置で直線に。そこでムチを入れラストスパートの体制へ。しかしそこから思ったようには伸びずに、5着という結果になりました。 道中も折り合っていて、4角に上がっていく時もいい手応えで上がってきてはいたのですが…。 コノ馬の勝ちパターンは、直線で早々に先頭に立って押し切るという粘り強い脚ですから、ちょっと前に行く馬が結果的に多くなって、道中で思った以上に脚を使わされスンナリ先頭に立てなかったこのレースでは、上手く力を発揮できなかったという印象。結果的に連対した2頭は後方でタメていた馬ですから、早めに仕掛けていく馬たちが結果を出せなかったというカタチ。

 

コノ馬にとって厳しい展開になってしまいましたね。オークス 対抗に評価したジュウクセイリュウも、ヤマトダービーと同じような競馬をして、4着と敗れています。実力上位の2頭が同じような競馬をして、同じような着順になっているということは、やはり展開が向かなかったということだったのでしょうね…。そういった馬を上位に評価してしまうような展開シミュレーションは、大変お恥ずかしく、申し訳のないモノだと思っております。 今回は我々の展開面の見極めが甘かったと非常に反省の残る結果でした。見極めが甘く申し訳ございませんでした。至急展開面の精査を行い、この借りを近々の内に返したいと思いますので、挽回に引き続きご期待頂けますようお願い申し上げます。

 

ステイウェルはポンと好スタート。芝部分で楽な感じで前へ。オークス内から積極的に出てい来る馬もおらず、そのままハナを取り掛けますが、大外のアドマイヤシェルがカカり気味に押し上げてきたため、それを上手く前に行かせてルメール騎手は2番手追走。終始楽な感じで2番手のまま3〜4角を迎えると、持ったままで直線ではアドマイヤシェルに並び掛け、万を持して追い出し開始。しかし、アドマイヤシェルもそこから粘り腰を見せ、2頭がビッタリ馬体を併せての叩き合いに。この叩き合いが最後の最後まで続きましたが、僅かにゴール前でアドマイヤシェルをねじ伏せるようにグイっと前に出たステイウェルが見事に競り勝ち1着を確保! 終い思った以上にアドマイヤシェルに粘られましたが、そこはやはり事前にもお伝えしていたようにルメール騎手に乗り替わっている今回!

 

近3走の水口騎手騎乗の様な詰めの甘さを見せることなく、競馬無料予想終い地力の高さをシッカリ見せてアドマイヤシェルをねじ伏せての快勝!ジョッキーが替わるとこうも馬が変わるわけですからね!皆様も競馬においていかにジョッキーが重要なファクターであるかが、このレースで改めて良くお分かり頂けたことでしょうね!事前からお伝えしていた通り、本日はとにかくルメール騎手に注目して正解でした! ただ、ココはステイウェルが想定以上に人気一本被りとなってしまい、しかもこのクラスに上がってから1度も馬券圏内に台頭しておらず、ココでは狙い目の1頭になりそうだったアドマイヤシェルもそれに次ぐ抜けた2番人気に支持されてしまうというオッズ。

 

他馬が全く人気を引っ張っておらず、オークス単勝16倍近い5番人気だったサンクフルネスが3着に台頭しても、3連単配当がたった27倍というガチガチすぎるモノに。さすがにそれは想定を遥かに上回るカタさで、オッズ分析の甘さを痛感しております。ステイウェル以外は人気割れすると思っていたんですけれどもね…ちょっと情報漏洩も懸念されるところですので、その辺も含め、入念な調査と今後のオッズ分析に努めてまいります。 とはいえ、事前からルメール騎手に本日は注目すべきことをハッキリお伝えし、このジョッキー騎乗の軸馬は見事快勝!そこから上位馬もほぼ押さえて全く危なげなくの3連単的中をガッチリお届けできている通り、競馬無料予想 馬券登竜門の分析に大きなブレはございません!オークス 競馬無料予想ココは配当に恵まれな過ぎたというレースでしたが、この正確な見極めで的中を続けていれば、いずれ高配当に巡り合うのは皆様に簡単にご想像頂ける通り!近々に数十万、数百万といったクラスの的中がドカーンと飛び出す可能性も大ですので、今後のマグナム情報もお見逃しなくご注目ください! この度は注目ジョッキー騎乗馬からのズバリの3連単的中500%超回収、おめでとうございます!

オークス コース攻略

ニシノビークイックはまずまずのスタートを決めますが、オークス 競馬無料予想ちょっとダッシュが付かない感じで丹内騎手が気合を付けながらというカタチ。そのまま後方で控える競馬を選択し、道中は後方から3〜4番手を追走。3〜4角でもまだ後方のままで直線を迎えると、大外に持ち出して追い出そうとしますが、どうもスムーズに外に持ち出せず、馬群の間隙を突くカタチで丹内騎手は追い出します。そこからは末脚を伸ばすものの、ちょっと窮屈なところを突くようなカタチになったこともあり、思ったほど末脚が伸びません。

 

結局スムーズに抜けた馬との差を詰めることはできず、オークス今日は7着敗走に。 スタートでダッシュが付かなかったことが結果的には致命傷という感じでしたが、それにしても丹内騎手もちょっと控えすぎでしたし、終いも中途半端な位置取り。ロスしながら外を回した割には窮屈なところを突くようなカタチで、せっかくタメた脚を爆発させることができなかったという印象でしたね。 末脚が自慢の馬ではありますが、いくらなんでも開幕週の中京ですから、内々を回った馬が有利に決まっています。終始後手後手な上に、終いも外々への持ち出し。しかもそれも中途半端では勝てるモノも勝てないのは素人目にも明らかな話ですからね。上位台頭馬を見ても、ある程度終いの脚がある馬が台頭しているわけですから、この馬に展開自体が向かなかったわけではありません。上手く捌いてあげれば充分台頭するチャンスのあったレースだと思うんですけれどもね。さすがに丹内騎手の騎乗にはちょっとガッカリでした。

 

オークスの展開の見立て自体にはそうブレはなく、差し脚活かせると見たワキノブレイブ、アルマリンピアと○▲評価の2頭がキッチリ連対。3着も差し脚活かしたロンドで、710倍と言う3連単配当。この展開に乗れるはずだったニシノビークイックが丹内騎手の騎乗でイマイチ乗れなかったというのがかなりイタかったところで、丹内騎手の評価をもっと下げるべきであったと反省しております。 この度は馬場や展開に全くと言ってイイほど乗れず、見せ場を1つも作れないまま凡走する馬を軸に据えてしまいまして誠に申し訳ございませんでした。鞍上についての精査をより慎重に行い、こういった不的中が無くなるよう努めてまいりますので、挽回にご期待を頂けますようお願い申し上げます。 キネオペガサスはゲート入りをちょっと嫌がっていましたが、スタートはシッカリ決めてスッと前へ。内から先手を主張するモンサンプロキオンやラクードールを2馬身程の差で見ながらの3〜4番手で道中を進め、3角では早々に先頭に並び掛けるキネオペガサス。

 

そこにファドーグが並び掛けてきて、直線では叩き合いに。オークス 競馬無料予想さらにココにフジノゴトクが末脚伸ばしてきて、3頭の叩き合いになる…かと思いきや、直線半ばでキネオペガサスは徐々に失速。ズルズル後退し、2頭に大きな差を付けられてしまいます。結局そのまま2頭に突き放されるも、何とか後続の末脚は押さえて3着が一杯という結果でした。 直線入り口では対抗評価していたファドーグとの叩き合いになり、それを制して突き抜けるかと思ったんですが、いざ叩き合いになるとアッサリ競り負けて失速。末脚伸ばしたフジノゴトクにも突き放され、前の2頭とは8馬身と差を広げられてしまうカタチ。 やはり初めてのダートでちょっと馬場を気にしてしまったかなという感じでしょうね。本来の力を発揮すれば、もっと直線で伸びてもおかしくはない1頭であり、その辺はダート慣れさえすれば改善されてくることでしょう。上位2頭と差があるだけに、次走ではダート適性を疑問視されるかもしれませんが、むしろそうなるなら次走以降が狙い目になるかもしれません。

 

引き続き注目の1頭でしょう。オークス 常々お伝えしている通り、まだ3歳になったばかりの若駒で、しかも未勝利戦。本命馬は初ダートですから、当然内面的な課題を見せる可能性は誰にでも考慮できる話。となれば、勝ったファドーグを対抗評価していたわけですから、その馬との2頭軸で馬券を組むことも何ら難しい戦術ではありませんからね!2着に食い込んだフジノゴトクも結局4番人気ですから、全く難しいところはなかったというレースだったはず! であるにも関わらず、2→4→1番人気と言う上位人気馬での3連単配当が…なんと215倍!これはかなりオイシイ配当でしたよね! 単純に、前走で馬券圏内に台頭している馬はキネオペガサスしかおらず、それどころか過去レースで馬券圏内に台頭した実績がある馬で言っても、キネオペガサス以外にはディアブレイズンしかいないという超のつく混戦メンバー!

 

ただでさえ一般ファンはこの時期の3歳馬への見極めが甘すぎるところですから、オークス 競馬無料予想このメンバーとなると、とにかく混乱して勝手に見当違いな投票を多発!ただただ上位人気馬を万全に押さえていれば的中できたというくらいのレースでも、それによってこうしてオイシイ配当が飛び出すというわけですね! これぞこの時期の3歳戦!常々マグナムがお伝えしていることではありますが、こういうレースに対しての一般ファンの見極めはとにかく甘く、そこに正確なオークス 競馬無料予想情報を手に臨んでいるだけで、こうして楽々札束が掴めてしまうわけです!このレースで改めてそれを実感頂くとともに、いかに競馬無料予想情報を手にしているということが、自身の利益をどんどん増やし、他人との差を広げられる事実となるか?それが良くお分かり頂けたことでしょう! この度は、マグナムが常々お伝えしているオイシイ若駒戦での笑ってしまうくらい簡単な21万的中、おめでとうございます!今後も一般ファンの見極め甘いこういったレースで、皆様にガンガンオイシイ札束を掴んで頂くつもりですので、競馬無料予想情報と言う武器とともに投資競馬と言う戦場に向かい、バッサバッサと弱小投資家たちを斬り捨て、どんどん勝ち組へと上ってください!!!

オークス 傾向

オークス 競馬無料予想ラングレーはまずまずといったスタートでしたが、スタート直後、どうもフラットしたり、その後もカカり気味だったりとスムーズではありません。ギュイヨン騎手が折り合いに専念しなければならなくなり、今日は後方から3番手まで位置を下げての追走となってしまいます。道中は後方の内々でタメながら。3角手前では内を突いてスーッと押し上げて行くと、4〜4角ではギュイヨン騎手がかなり気合を付けながら馬群内めに突っ込むようなカタチで直線へ。直線では内の狭いところを突いて何とか末脚を伸ばそうとしますが、さすがに窮屈でスムーズに伸びていけません。

 

外からスムーズに伸びる馬が次々とそれを尻目に抜けて行くと、オークス最後はラングレーは力尽きるように失速して10着惨敗に。 今日はまずスタートが致命傷。躓いてしまったようなカタチでバランスを崩し、明らかにギュイヨン騎手が立て直すところが見られるロス。それで遅れてしまった分を取り返そうとすると、今度はカカり気味になってしまい、逆にそれを制さなければいけなくなってしまいました。結果的にそうしたくないのに後方からという競馬に。何とかしようとギュイヨン騎手は早めから内を突いて押し上げ、とにかくロス無く内々を突く作戦に出ましたが、結果的には窮屈になってしまってこれも裏目。

 

とにかく最初から最後までスムーズな競馬ができませんでしたね。 オークスこれがキャリア3戦目というまだまだキャリアの浅い馬ですが、今回はデビューからの3戦で最も幼い面を出してしまった良くないレースでしたね。課題が浮き彫りになってしまったというカタチですから、これを陣営がどう立て直してくるのか、動向に注目したいところです。ただ、まともな競馬が出来さえすれば、センスは間違いなく高い馬ですので、この敗走で人気を落とすようであれば、次走以降に注目したい1頭ではあります。 この度は全く本来の力を見せられないまま凡走する1頭を軸馬として推奨してしまうお恥ずかしい結果、誠に申し訳ございませんでした。この借りは近々の内にお返しできるよう努めてまいりますので、オークス挽回にご期待を頂けますようお願い申し上げます。