アメリカJCC

MENU

アメリカJCC

アメリカJCC『立春賞』…不的中 【東京9R】◆終い伸びを欠き… ◎9ベステゲシェンク [1人気/6着]    『3連単フォーメーション』 1着9 2着2.5 3着2.5 各3,000×2点 1着2.5 2着9 3着2.5 各2,000×2点 1着9 2着2.5 3着1.7.8 各500×6点 1着2.5 2着9 3着1.7.8 各500×6点 推奨購入金額16,000円 結果 3連単2→5→1 【不的中】 ベステゲシェンクはなかなかのスタート。前に行く馬を見るようにリスポリ騎手はスッと控えて、道中は中団辺りの外々を回して追走していきます。ミヤコマンハッタンが後続を5〜6馬身離しての逃げを打つ展開。ベステゲシェンクは3〜4角で外を回してジワっと押し上げていくと、直線でも多少タメを利かせ、残り400mを切った辺りで満を持してという感じで追い出し開始。

 

しかし、追われてからの伸びがどうももうひとつ。アメリカJCC逃げたミヤコマンハッタンが粘り込むのをボーイフレンドやエバーグリーンが必死に追い掛ける中、ベステゲシェンクは多少外に膨らみ気味なこともあってそこから徐々に遅れを取ってしまいます。最後はアールデュラン、ウィケットキーパーにも捕まってしまい、結局今日は6着までという結果に。 この時点では稍重という発表の馬場でしたが、それ以上に渋いという印象の馬場でしたからね。ペース的にも結局、逃げたミヤコマンハッタンが逃げ切り勝ちを収めるようなもので、リスポリ騎手がタメにタメたのが完全に裏目に出てしまうような結果となってしまいました。

 

それにしても終いはちょっと伸びなすぎたという印象はありますから、アメリカJCC馬体こそ仕上がっていたものの、久々の影響が内面的にあったかもしれませんし、この馬の馬場適性に関して1度見直す必要がありそうですね。我々としても見極めが甘すぎたというお恥ずかしい不的中でした。 3連単で665倍と言うオイシイ配当を演出した5番人気勝ち馬ミヤコマンハッタンは、この馬場を活かすと見て上位評価できていましたし、2着のエバーグリーンにも上位評価。○▲2頭で連対は決しているのですが…軸馬があれでは全くの無意味ですね。

 

この度は軸馬が馬券圏外に沈むというお恥ずかしい失態、誠に申し訳ございません。アメリカJCCこういった失態が無くなるよう、各馬の状態面や適性について、さらに慎重な精査を行ってまいります。今回の借りは近々の内にお返しさせて頂くつもりですので、挽回を果たす高額的中に今一度ご期待を頂けますようお願い申し上げます。