日本ダービー競馬無料予想

MENU

ダービー 競馬無料予想

ダービー 競馬無料予想万全馬券でガッチリ馬連&3連複W的中!チャーマーはスッと好スタート。先手に出掛けますが、内枠から先手を主張する馬が殺到。これを見てルメール騎手は多少控え、道中は好位〜中団といった辺りを進めていきます。そのまま好位の後ろで3〜4角を迎えると、外に持ち出して押し上げ始めたチャーマー。直線では外から追い出されるとグイグイ末脚伸ばして前を捕えに掛かります。かなりイイ末脚を使って伸びるチャーマーでしたが、前で抜け出していたケープオブホープもまた鋭い末脚を衰えさせることが無く、その差はちょっと詰め切れないかというところ。

 

他馬とは大きく差を付けるも、ダービー結局ケープオブホープには押し切られてしまい、今日は2着という結果でした。 終いかなりイイ末脚で伸びたんですが、終始前にいたケープオブホープにあの末脚を使われてしまうとチャーマーにはどうしようもないというところ。勝ち馬が嵌ったとしか言いようがありませんね。3着馬とは3馬身と言う大きな差がついていますし、時計や内容的にも全く悲観するような敗走ではないでしょう。この走りができていれば勝ち上がりは時間の問題というところですから、今後も当然注目の1頭でしょうね。

 

勝ったケープオブホープはダービー6番人気と軽視されていましたが、デビュー戦でシッカリ3着に台頭していますし、そこで0.4秒差だった勝ち馬タガノグランパは先日の重賞シンザン記念で3着に台頭している実力馬。前走のシンガリ負けだけで軽視されたのでしょうが、どう考えても前走は“ヤラズ”で、この年明けのレースに照準を絞っていたという陣営の様子でしたからね。特に年明けの乗り込みは入念で、3日、16日の栗Pでは小坂騎手を騎乗させ、終い1F11.3秒、11.5秒とかなり鋭い末脚を見せるようなデキに仕上げてきていました。兄のファイアアローもダートで勝ち上がりを決めている通り、父ブライアンズタイム、母父ストームキャットというダート血統ですから、ダート替わりは当然プラス材料ですし、これだけの陣営勝負気配と見映えするデキなら当然相手には押さえるべき1頭ですけれどもね。6番人気はオイシかったですね!

 

15頭の出走馬の内、ダービー 競馬無料予想前走で馬券圏内に台頭した馬がたった1頭しかいないという一般ファンが難解視するようなこういった若駒戦でも、マグナムなら軸+5頭に絞り込んだ馬券組みでズバッと馬連&3連複的中をお届け!常々お伝えしている通り、いかにマグナムが若駒に対する見極めも正確であり、一般ファンが見当違いな投票を多数するこういったレースでは簡単にオイシイ戦利金が掴めてしまうかということが良くお分かり頂けたことでしょう! 今後もマグナムの正確な若駒戦への見極めで、皆様にはガンガンオイシイ配当を掴んで頂くつもりです!是非ともご期待ください! この度は難解視される若駒戦でも万全すぎる投資での馬連&3連複W的中、おめでとうございます!

ダービー攻略ポイント

ダービーサトノバリアントはポンと好スタートを決めますが、ちょっと他馬に比べてテンにダッシュが付かないという感じ。それでもルメール騎手が多少気合を付け、枠も活かしたコーナーワークで、逃げるエキマエのすぐ後ろの2〜3番手に付けて行きます。3〜4角ではエキマエの外に持ち出し並び掛けていくと、直線で追い出して粘るエキマエを捕えに掛かります。一旦は並び掛けましたが、エキマエに二の脚を使われて再び引き離されてしまうサトノバリアント。

 

それでももう1度差をジワジワと詰めようとしますが、ダービー 競馬無料予想どうしても詰め切れません。そこに後方からファイヤーロックが末脚伸ばしてきて、最後はこの馬にも捕まってしまっての3着まで。 逃げたエキマエがかなり楽なペースで、終い脚色が鈍りませんでしたね。それを早めから捕まえに行った分、終いの脚が鈍ってしまい、そこをファイヤーロックにも捕まってしまったというカタチ。ただ、馬体を併せてからどうも前に出ていこうとしない幼さも見せており、まだまだ課題が残っているかなという印象。今後の成長に期待ですね。

 

結果的に、ダービー相手上位に押さえた2頭での連対決着。勝ったエキマエは4番人気、2着のファイヤーロックは6番人気とともに軽視されており、この2頭に○▲評価をつけていたことで3連複的中はキッチリお届けできたのですが、○▲評価の2頭での馬単が68倍とかなりついたことを考えると、◎○▲上位評価の3頭こそバッチリだったものの、その3頭の評価と戦術を違えてしまったかなという反省は残ります。せっかくなら、もっと攻める馬券で軽視されていた○▲のどちらかを中心視するような馬券組みで臨めていれば、皆様にもっとオイシイ利益を獲得して頂けたはずですからね。

 

的中・不的中という表面上だけの結果に一喜一憂することなく、ダービー反省点はあり、まだまだ胸を張れるような的中ではなかったと我々は考えておりますが、それでもキッチリ◎○▲と上位評価をつけた3頭でズバリ3連複的中はお届けできている通り、競馬無料予想 馬券登竜門の好走馬ピックアップにはほとんどブレはございません!あとはその細かな部分の詰めをより精査して行けば、さらにオイシイ利益を皆様にお届けできることは目に見えております! マグナムだからこそできる好走馬ピックアップを多少なりともご評価頂き、近々に飛び出すであろう高額的中にご期待頂ければ幸いです!今後の情報も是非ともお見逃しなくご覧ください!

ダービー 展開予想

ダービー 競馬無料予想ラインレグルスはまずまずのスタート。多少控えて馬群中団につけ、第1号、2号、3号と順調に障害を飛越。道中はそのまま中団やや後ろ辺り。付近でヤマニンエトレンヌの落馬があるなどハプニングにも影響を受けず、淡々と中団を進めると、3角辺りからジワッと押し上げ、4角でもタメを利かせながら直線へ。直線1つ目の障害を越え、残す障害が1つになっても森一騎手はまだ仕掛けません。

 

最後のダービー障害を飛越した際にはもう前とは致命的と言う差。最終障害を飛越し、ようやく追い出す森一騎手でしたが、完全に時すでに遅し。前の馬はもうほぼゴールを迎えるような差がついており、結局今日は見せ場のないまま6着敗走。 さすがに森一騎手が仕掛けが遅すぎる…というより、ハッキリ言って仕掛けていなかったと言っても過言ではないレースでしたね。ご覧頂けた方にはお分かり頂けた通り、結局追っ付けたのは最終障害を飛越し終えた後に一瞬だけという感じで、他は終始持ったまま。ただただ回っただけという騎乗で、無気力にも程があります。

 

どう考えてもダービー“ヤラズ”という印象ですね。陣営や関係者からはココでそのような情報は出ていませんでしたし、連闘で使うくらい状態面も良かったのですが…あれ程あからさまに追わないというのは騎手としての仕事を放棄していると言われても仕方がありませんからね。あまりにキナ臭い騎乗。 このローカル中京開催はたった2週しか開催されない無理矢理という印象すら受ける開催。すでにお伝えしている通り、どうもこの中京開催ではキナ臭い情報がいくつか入ってきています。

 

このレースでそういった関係者の“思惑”が入ったダービー 競馬無料予想レースがかなりあからさまに行われているということが良く分かりましたね。皆様もその目で怪しすぎるレースをご覧頂けたかと思われます。 ココでも9番人気のトーコーレガーロが、その“思惑”により激走する可能性があるということは情報として入手してはいたのですが…まさか軸馬鞍上が全く追わないレベルの“ヤラズ”とは…。 このレースに隠されていた“思惑”に関して徹底的に調査するとともに、残る中京開催に潜んでいるキナ臭い情報についても入念に取材させて頂きます。

 

恐らくとんでもない情報に繋がってくる可能性が高く、場合によっては帯封クラスの的中になるような情報が出てくるかもしれません。是非とも今後の情報にご期待ください。 ダービーこの度は明らかに鞍上が追っていないというキナ臭いこのレースへの情報収集が足りず、皆様に16万馬券が飛び出したこのレースで高額的中をお届けできず、誠に申し訳ございませんでした。!!

ワイルドドラゴンはまずまずといったスタートから、前に出ていく馬を見ながら多少控えて馬群に取り付いて行きます。道中は柴田善騎手が手綱を絞って我慢させ、中団の外々を進めていましたが、3角辺りからスーッと外を回して押し上げて行き、4角では大外に持ち出しながら直線へ。直線で柴田善騎手が追い出すと大外から一気に前をまとめて捕える末脚。グイグイ伸びて、馬群の内めからスルスルと抜け出してきたグランプリブラットをアッサリ捕まえて前へ。そこからはもう余裕を見せてもグランプリブラッドを寄せ付けずの快勝! 終い先に抜け出していたグランプリブラッドは、ギュイヨン騎手がかなり上手く乗りましたからね!内々をロス無く立ち回って終いスルッと抜け出して完全勝ちパターンのこの馬を、外々をロスしながら回して大外からの末脚でアッサリ差し切ってしまったわけですから、ココは着差以上に完全にワイルドドラゴンの地力が抜けていたということが良く分かる結果!この馬以外に軸馬はあり得ませんでしたね! ただ、ココはヒモ荒れを狙って相手を幅広く押さえていたわけですが、結果的に2着のグランプリブラッドは2番人気、そして3着に末脚伸ばして食い込んだミッキーナチュラルは4番人気。人気上位馬でスンナリ決まってしまい、かなりカタめの決着となってしまいました。絞り込んで狙い撃つべきレースであり、ちょっと戦術面の見立てを誤ってしまった感が大きく、皆様にキッチリ利益をお届けできなかったことを反省しております。 4着に16頭中シンガリの16番人気バーチャルトラック、5着に11番人気のシゲルモトナリと、かなり人気薄の馬も台頭してはいるのですが、馬券圏内に食い込めなければこれらの馬を押さえられていたところで全く意味はありませんからね。4〜5着の穴馬を押さえられていたということばかりを強調して胸を張るなどと言うのは3着までのみが的中となる日本競馬への投資に置いては見当違いであり、こういったレースではそういう穴馬が台頭できないとキッチリ見極めて点数を絞れてこそプロと言うモノ。表面上の結果に一喜一憂することなく、各レースでの戦術面をより強化していくつもりです。 この度は的中も利益をお届けできないと言うお恥ずかしい結果、誠に申し訳ございませんでした。 とはいえ、キッチリ的中をお届けできている通り、競馬無料予想 馬券登竜門の好走馬ピックアップにブレがあるということではございません!オッズ分析を強化し、戦術面で最適なモノをキッチリ選択できるよう努めていけば、より大きな利益を皆様にお届けできることは明らかです!次回情報では更なる利益を皆様に掴んで頂くつもりですので、是非とも引き続きのご期待を頂けますようお願い申し上げます!