小倉記念 競馬無料予想

MENU

小倉記念 競馬無料予想

小倉記念 競馬無料予想ゲルマンシチーはスタートがイマイチ。ベリー騎手が気合をつけるものの、そのまま前には置いて行かれて、後方からの競馬になります。ベリー騎手がシッカリ置いて行かれた分を押し上げて、道中は後方から4〜5番手。道中もベリー騎手が常に手を動かしながらジワジワと押し上げ、3角辺りでは外を回して一気に仕掛けていきます。ベリー騎手が必死に追っ付けながら直線大外を回し、末脚伸ばしに掛かると、徐々にスピードに乗って前の馬を次々とかわしていくゲルマンシチー。ただ、先に抜け出していたトウショウギフトがグングン差を広げており、それには完全に届かないという致命的な差。単独2番手でこちらも抜け出していたカーマインに何とか末脚伸ばして迫るゲルマンシチーでしたが、結局その差を詰め切れず、今日は3着までが一杯でした。

 

今日は小倉記念いつもに増してズブいという感じで、ベリー騎手がとにかく終始気合をつけながら。ほとんど手を動かしてないところはなかったという感じでしたからね。プラス10キロという数字ほど馬体に久々の影響は感じられませんでしたが、内面的には影響があったかもしれません。ただ、ベリー騎手がとにかく最初から最後までシッカリ気合を付けて、キッチリ馬券圏内には持ってきてくれましたね。その辺はやはり、情報公開時にもお伝えしていた通り、鞍上の力が効いたというところ! ココはこの馬が好走してくれたことは勿論ですが、対抗評価して2頭軸の相手軸馬としたトウショウギフトがなんとオイシすぎる9番人気に!押さえのフォーメーションでの的中に留まりましたが、それでもガツーンと134万的中を叩き出すBIGHITレースになりましたね!

 

しかし、小倉記念トウショウギフトはつい4走前には1番人気に支持されて、このクラスで2着好走を見せている1頭。その後凡走が続いているとはいえ、勝ち馬と0.3秒差と言う競馬をした前走で明らかに復調の兆しを見せていました。2000m超のダート戦で2走前に凡走しているからこれほど軽視されたのかもしれませんが、あれは単純に状態面の問題で、別段適性がないわけではありませんからね。今回岩部騎手への乗り替わりでしたが、以前にもこの馬の手綱を取っていたジョッキーですし、この年末年始はその岩部騎手がビッタリこの馬に張り付いて調教をつけていて、岩部騎手の本気度の高さが良く伝わってきました。26日、年明け3日の北Cでは岩部騎手に終い追われるとかなり見映えする末脚を伸ばしていましたし、9日の南Pでも岩部騎手を背に、終いスピード感のある好走を見せていましたしね。

 

これだけ力を入れて仕上げられている馬も年末年始は珍しいくらいでしたから、この馬を狙わない手はなかったという1戦! 年末年始の間ずっとお伝えしていたことですが、とにかくこの時期はただでさえ開催期間が開いたりと調整が難しいところですが、その上年末からずっと続くイレギュラー開催の影響で、デキがイイ馬というのは限られてきてしまいます!それをビッタリ張り付いて取材し、完璧に把握していることはお伝えしていた通りですし、それによるオイシイ配当が飛び出す可能性があることもお伝えしていた通り!ココでの一撃帯封的中はまさに週の中程マグナムがずっとお伝えしてきたことををよく表しているというBIGHITでした! この度は年末年始も勿論、24時間365日競馬と向き合い、情報収集・精査を進めているマグナムだからこそお届けできた一撃134万的中、おめでとうございます!今後も現場の“生の情報”をお届けできるマグナム情報さえ手にしていれば、小倉記念 競馬無料予想こういったBIGHITがガンガン掴めることでしょう!是非ともご期待ください!