富士S 競馬無料予想

MENU

富士S 競馬無料予想

富士S 競馬無料予想ツルマルスピリットはまずまずのスタートを決めますが、ちょっと二の脚が利かない感じでルメール騎手が気合を付けながら出て行きます。そのまま馬群中団よりやや後ろといった辺りの内々を追走。3〜4角でも内でジッとして、直線では最内を突いて末脚を伸ばしに掛かります。しかし、どうも追い出してからの伸びがもうひとつ。終いようやくという感じでエンジン掛かって最内を伸びては来たものの、スムーズに末脚伸ばした馬との差は詰めることができず、結局今日は5着が一杯という結果に。

 

今日はスタートからどうも反応が今ひとつで、富士S道中はルメール騎手が終始手を動かして気合を付けながらという感じでしたからね。思ったほど手応えがなかったため、仕方なくという感じでルメール騎手は内々でとにかくジッとしてロスの無い競馬をしたものの、結局終いも伸びず。 年明けもキッチリ攻めて、ある程度仕上がってくると見ていたんですけれどもね。当日はプラス10キロと想定以上に馬体が増えてしまっており、富士S 競馬無料予想どうも多少緩めに映る感じ。実際、レースでもあれだけ反応がイマイチだったところを見ると、内面部分は馬体以上に今ひとつピリッとしていない状態だったということでしょうからね。完全に状態面を見誤ってしまったというお恥ずかしい結果でした。

 

上位評価した3番人気シンゼンレンジャーが勝利し、富士Sもう1頭評価していたカーティスバローズも3着台頭。2着8番人気のキクノソルや4着9番人気のアドマイヤイバマにも印を回し、好走馬のピックアップに大きくブレはなく、ツルマルスピリットが詰め残すことを想定した2〜3着固定という変則的な馬券組みも悪くはなかったと思うのですが…5着まででは意味がありませんからね。 この度は軸馬の状態面を見誤るという失態、誠に申し訳ございませんでした。ツルマルスピリットの地力はこのクラスでは間違いなく上位ですので、引き続きこの馬の動向を窺い、富士Sこの馬の次走以降で今回の借りをお返しできればと考えておりますので、挽回にご期待を頂けますようお願い申し上げます。