阪神ジュべナイルフィリーズ 競馬無料予想

MENU

阪神ジュべナイルフィリーズ 競馬無料予想

阪神ジュべナイルフィリーズ 競馬無料予想オリービンはまずまずといったスタート。ポンと飛び出してハナを主張していくゼロスを見るように出て行きます。そのまま道中は3〜4番手の内々を追走するカタチ。比較的ゆったりした流れでしたが、岩田騎手は3〜4角でも内々でタメを利かせ、直線で外めに持ち出して満を持してというカタチで追い出し開始。しかし、マイペースで逃げたゼロスがそのまま後続を引き離し、阪神ジュべナイルフィリーズ全く末脚衰えません。必死に末脚を伸ばそうとするオリービンでしたが明らかにゼロス勝利で大勢決してしまったと言うカタチ。ただ後方から追い込んできた人気の3歳馬3頭はキッチリ抑え、2着は確保という結果でした。

 

ちょっと岩田騎手は人気の3歳馬たちが後方で控えているのを意識しすぎてゼロスを楽に行かせすぎてしまいましたね。阪神ジュべナイルフィリーズ 競馬無料予想明らかに道中はペースが緩く、もっと早めに仕掛けていくべきだったと思うんですけれどもね。ただ、その展開は好位につけていたオリービンにもシッカリ味方して2着は確保してくれましたから良しとしましょう! しかし…軸に据えたオリービンが4番人気、さらに勝ったゼロスが6番人気という軽視されっぷりはオイシかったですね!阪神ジュべナイルフィリーズ このレースはどう考えてもゼロスの単騎逃げが濃厚なメンバー。頭数的に考えても、さらに、人気を集めることが必至だったリヤンドファミユ、ヘミングウェイ、バッドボーイといった3頭の3歳馬が終いの決め手で勝負してくるであろうことを考えても、前に行ける馬は断然有利。

 

特にオリービンの岩田騎手の意識が後ろに向いてしまえば、阪神ジュべナイルフィリーズゼロスの逃げ切りは当然想定されましたからね。やはりこの馬の1着まで手を回す2頭軸戦術で大正解でしたね! 特に人気を集めていたリヤンドファミユやヘミングウェイは長期休養明けですからね!明らかに前が有利というこのレース展開に加え、脚質と休養明けという点を加味すれば、この2頭が詰め残すことはほぼ確定的とも言える話で、間違いなく軸馬として採ってはいけない馬ですからね!阪神ジュべナイルフィリーズ 競馬無料予想そんな馬が揃って人気を引っ張ってくれたというのはかなりオイシかったですね!一般ファンらしい血統や字面の表面的な実績しかまるで見ていないというあまりに典型的な浅はかなオッズで、笑みすら零れてしまいました!

 

これが一般ファンの浅はかな投票による歪んだ人気の典型例!競馬を投資として考えればリスクが高すぎて決して中心視してはいけないような馬を、知名度や表面的な実績だけで支持して、そこにカネを軽はずみに捨てるわけです!阪神ジュべナイルフィリーズそうした中で、キッチリ競馬を投資として捉え、リスクをシッカリ考慮した軸馬選択から馬券戦術までを駆使している競馬無料予想情報で投資していれば、こうも簡単にオイシイ的中が!当たり前の見極めができていればこのように札束が掴めてしまうわけですから、本当に競馬はオイシイ投資ですよね! この度は展開さえ見えてしまえば当たり前と言うくらいの見極めで、楽勝過ぎる47万的中、おめでとうございます!今後も浅はかすぎる一般ファンの投票によるこうしたオイシイ的中がガンガン掴めるはずです!阪神ジュべナイルフィリーズ 競馬無料予想情報さえ手にしていれば更なるBIGHITもその手に掴めるかと思われますので、是非ともご期待ください!

阪神ジュべナイルフィリーズ データ

阪神ジュべナイルフィリーズ データハートビートソングはなかなかのスタート。先手に出ていく馬の様子を見ながらという感じで控えながら出して行きます。道中は一旦は好位に控えるような競馬でしたが、どうも前に行く馬が積極的でないのを見て、1角を回したところでルメール騎手はスーッと外から押し上げ。逃げるジョヴァンニを突くように2番手で進め、3〜4角では楽な感じでジョヴァンニをかわしながら直線へ。直線先頭に立ちかけたハートビートソングでしたが、これにメテオロロジストが並び掛けてきて2頭が叩き合いに。しかし、2頭揃って早々に一杯という手応えになってしまいます。

 

そこにナムラビクター、ソロルと末脚伸ばしてきた馬にアッサリ捕まってしまい、阪神ジュべナイルフィリーズ 最後はタイムズアローにも捕まって4着まで。 結果的に言ってしまうと早めにルメール騎手が押し上げたことが裏目だったということでしょうね。道中で脚を使った分、決め手勝負になった時に上位馬より脚が無かったというカタチでしたし、逃げたジョヴァンニはシンガリ負け、早めに競り掛けてきたメテオロロジストも6着敗走と、前に行っていた馬に展開が厳しくなってしまったということが明らかな結果。ハートビートソングが早々に前に行ったことで展開がガラッと変わってしまったというレースで、もう少しタメを利かせることができていれば違ったんでしょうけれどもね。

 

こればかりは致し方ありません。 ハートビートソングの立ち回り自体も想定していたモノと違うモノになりましたし、阪神ジュべナイルフィリーズ それによって、ココでは見据えていたのとは違う展開となってしまい、皆様に的中をお届けすることができませんでした。申し訳ございません。 レースをご覧いただければ、ルメール騎手が多少変則的に動いたことは一目瞭然であり、こういった展開になることはそう多くはありません。ただ、そういった部分まで完璧に見据えられるよう更なる展開見極めの強化に努め、ある程度見極め通りの展開になるレースではキッチリ的中をお届けさせて頂くつもりですので、挽回にご期待を頂けますようお願い申し上げます。

阪神ジュべナイルフィリーズ コース攻略

阪神ジュべナイルフィリーズ コース攻略クロフネフリートは好スタートを決めてポンと前に出掛けますが、内から先手を主張する馬が4頭程出てくるのを見て多少控えます。道中はそのまま5番手追走。3〜4角でスーッと外から前に迫って行き、先行したオベリスクとウインヴォイジャーに直線でアッサリ並び掛けてかわし、完全に1頭抜け出したクロフネフリートでしたが、これ目掛けて後方から一気にツクバホシノオー。この馬の切れに捕まってしまい、今日は2着までという結果に。 抜群の手応えで先行馬を捕え、一旦は完全に抜け出しましたからね。勝ったかと思いましたが、多少ソラも使ったところを強襲されるようなカタチ。

 

あれはもう致し方ない感じですね。後続には6馬身と大差をつけていますから、阪神ジュべナイルフィリーズ コース攻略全く悲観するような敗走ではありません。 ココはそのツクバホシノオーは当然の対抗評価!出走全馬の中で唯一連対実績を持つ馬ですから、誰にでも分かる当然の上位評価馬ですよね!となると、あとは3着に台頭した7番人気のウインヴォイジャーが押さえられるかどうかくらいの話ですが、デビュー戦では明らかに仕上がり途上で凡走していたウインヴォイジャーは、1度間隔入れて立て直してきた前走で完全に良化気配。当然、ひと叩きされた後の今回の方がさらに気配は上向きで、この中間の南Pでの動きは明らかに前走時以上!阪神ジュべナイルフィリーズ4日の南Pでは楽に馬なりでサッと流しただけでも、ラスト1Fを11秒台の末脚で伸びるようなデキの良さを見せていましたからね!

 

ヒモには間違いなく拾える1頭! 1→3→7番人気と言う、阪神ジュべナイルフィリーズ結果的に見ればさほど難しくない決着で、1・3番人気馬で2頭軸を組むだけ!あとはヒモさえ的確に絞れれば、こうも簡単に32万と言う札束が皆様の手に掴めてしまうわけです!しかし、それを一般ファンはできない!阪神ジュべナイルフィリーズ情報があれば簡単にできる!阪神ジュべナイルフィリーズ情報を手にしているかいないかという違いは、結果的には大きな違いとなって表れてくるわけです! マグナム情報をシッカリ手にしていた皆様は楽々32万の札束獲得!おめでとうございます!これが競馬!一般ファンは結果論でしかレースの本質を見極められません!いや…結果を見てもその本質が見えていないのです!だからこそ、いつまで経っても競馬でカネを捨て続けるのです!そして、今後も会員の皆様は阪神ジュべナイルフィリーズ コース攻略情報を手にして頂ければガンガンカネが掴めるでしょう!是非とも今後の情報にもご期待ください!

阪神ジュべナイルフィリーズ 分析

阪神ジュべナイルフィリーズ 分析レッドラウディーはアオリ気味なスタートでしたが、今日はまずまずのスタートを決めてスッと馬群に付けて行きます。多少カカるような感じなのを内田博騎手が制し、馬群の中で折り合いを付けながら道中は中団の内め追走。しかし、3角でも内田博騎手がタメていると、後続が押し上げてきてかなり凝縮した一団の馬群になり、レッドラウディーはちょっと包まれ気味なカタチで直線を迎えることになってしまいます。それでも直線では多少馬群がバラけ、阪神ジュべナイルフィリーズその間隙を縫って外めに持ち出しながら内田博騎手は追い出して行きますが、いかんせん前が止まらないというカタチ。ジワジワと差は詰めるものの、結局今日は詰め切れずの5着まで。

 

終いが伸びあぐねたというように映りますが、阪神ジュべナイルフィリーズかなりスローな流れでしたからね。前が止まらないのは明らかに分かる話ですし、終い馬群が凝縮するのもあれだけスローなら分かるはず。そもそもそれ以前に中山コースということを考えれば、さすがに内田博騎手は仕掛けが遅すぎましたね。あのスローペースであんなに内でタメていたら、終い外に持ち出すのにモタつく可能性はかなり高くなってしまいますし、そんな“イチかバチか”的な競馬をするようなレベルの馬ではありませんからね。3角手前では外に持ち出して行くべきでしたし、実際、外から早めに追い出したヴァルコイネンがそのまま押し切って勝っているわけですからね。阪神ジュべナイルフィリーズ 分析ちょっと内田博騎手のあの騎乗はプロとしてやってはいけないレベルのタメ殺しだと思いますね。

 

こういう騎乗をしているから、ココ最近でも実力馬の騎乗から外されてしまうこともある内田博騎手。阪神ジュべナイルフィリーズ昨日も1勝もしておらず、本日もココまで勝利がありませんしね。ちょっともう一度自分の騎乗を見直してほしいですね。さすがにガッカリしてしまいました。 この度はトップジョッキーの絶不調を見極めることができず、馬券圏外に敗走する馬を軸に掲げてしまうという失態、誠に申し訳ございませんでした。内田博騎手に関しては徹底的に取材を行い、この不調から抜け出せるのか入念に精査してまいりますので、阪神ジュべナイルフィリーズ 分析引き続きのご期待をよろしくお願い申し上げます。