ジャパンカップ 競馬無料予想

MENU

ジャパンカップ 競馬無料予想

ジャパンカップ 競馬無料予想マコトナワラタナはまずまずといったスタート。先行勢を見ながらという感じでスッと後方に控え、道中は後方4番手からの追走。3〜4角辺りでジワッと押し上げ、直線は大外に持ち出しての追い出し。前ではウエストエンドが叩き合いから完全に抜け出しており、その差を終い一気の末脚で詰めていくマコトナワラタナ。しかし、その差がさすがに付きすぎてしまっているという感じで、今日は詰め切れないままの2着。 ちょっと追い出してからモタつくところがありましたからね。スピードに乗ってからは1頭次元が違うというくらいの末脚は見せていたのですが、今日は展開的にも多少厳しかったというところ。

 

力は見せていますから悲観するような敗走ではありません。ジャパンカップ次走以降も注目でしょうね。 ただ、ココは勝った8番人気のウエストエンドをズバリ相手軸に評価しての2頭軸馬券での情報提供!これが完璧に嵌って、本線的中での72万ご獲得ガツン! 完全に近走の凡走続きから軽視されていたウエストエンドでしたが、勝ち馬とは0.4秒差程度の着差で走れているレースばかりで、ジャパンカップ内容自体はそこまで悲観するモノではありませんでしたし、阪神と言う舞台は過去に2勝を挙げている得意コースで、このクラスでの馬券圏内台頭実績もありますからね!

 

夏場に入れていた休養からなかなか馬体が戻ってこない感じもあり、ジャパンカップ 競馬無料予想近走は善戦止まりというカタチでしたが、4度叩いたことでかなり良くなってきていて、4日の栗CWでは松田騎手を背に80.8-65.4-51.2-38.2--12.4という好時計もマークしている程!18日の追い切りはそこで時計を出しているため終いだけ一杯に追うというカタチでしたが、それでも終いの伸びはかなり鋭く、ココでの好走気配がプンプンしていましたからね!近走から考えて、阪神7ハロンより6ハロンに替わった今回の方がスムーズな競馬ができる可能性が高いというマグナム分析班の分析もズバリでした!

 

軸馬の好走も勿論ですが、事前にも『軸馬同様、前走で凡走を喫しているアノ馬が巻き返してくる可能性が高いのだ!ジャパンカップ阪神6ハロンへの適性も高く、デキも明らかに前走時以上と言うこの1頭!こちらは軸馬以上に軽視される可能性が高い1頭であるだけに、この馬が上位に台頭しての的中となれば…一撃帯封クラスの的中まで充分に想定できる!』とハッキリお伝えして評価していたこの馬が見事に好走し、一撃72万の札束をガッツリお届け! ジャパンカップ 競馬無料予想らしい実力・適性・展開全てに正確無比なズバリの的中を今年最後の開催週にもご覧頂くことができましたね! この度のズバリ過ぎる激走馬ピックアップでの72万ご獲得、おめでとうございます!今後もマグナムだから見える激走馬でガンガン札束を掴んで頂くつもりです!是非ともさらなるジャパンカップ 競馬無料予想の高額的中にご期待ください!

ジャパンカップ データ

サトノアラジンはちょっとモサっとしたスタートでしたが、ジャパンカップ大きく出遅れるようなことはなく、戸崎騎手はスッと控えて馬群後方に。そのまま内めの馬群の中に仕舞って折り合いをつけるカタチで、道中は後方から4番手を進めるサトノアラジン。3角手前で抑え切れないという感じで内を突いてジワッと押し上げていきますが、戸崎騎手は一旦落ち着かせて3〜4でも控え、直線で一気に外に持ち出そうとしますが、壁ができてしまっていてどうもスムーズに外に持ち出せません。仕方なく内めの狭い間隙をこじ開けるように追い出すとグイグイ末脚伸ばしてきますが、ジャパンカップ追い出すまでのロスが完全に堪えてしまい、抜け出していたアズマシャトル、それを上手く外から末脚伸ばして捕えたワンアンドオンリーを捕えられずの3着まで。

 

ちょっと戸崎騎手がやってしまったという感のあるレースでしたね。ジャパンカップ 競馬無料予想早めに行きたがる馬を無理に制して3〜4角でもタメたのに、直線で上手く外に持ち出せず、この馬の末脚を引き出し切れずに終わってしまっていては、さすがにマズいですよね。並みの馬ならまずあそこであれだけ狭いところを割って3着まで伸びることすら厳しいところだと思いますから、馬は地力の高さを見せているのですが…とにかく戸崎騎手の騎乗がマズかったとしか言いようがありません。 勝った7番人気のワンアンドオンリーを2着固定、2着8番人気のアズマシャトルもヒモに押さえていましたから、ジャパンカップサトノアラジンを戸崎騎手がまともに走らせてくれれば…という本当に悔しい結果でしたね。

 

陣営も憤りを感じているという様子でしたし、ジャパンカップ厩舎を考えると、これだけの高センス馬で東京スポーツ杯に続きココでもこういったマズい騎乗をしてしまうと…戸崎騎手は主戦を下される可能性も出てきてしまうかもしれませんね。ただそれが勝負の世界ですからね。そうなってしまったとしても致し方ありませんし、むしろその方がこの馬にはプラスになる可能性もありますから、この敗走で人気を落とすであろう次走以降もマグナムは注目して行きたいと考えております。 この度は鞍上の駄騎乗を見極められず、手放しに信頼してしまったばかりに的中をお届けできない結果、誠に申し訳ございませんでした。この借りはこの馬からの情報で改めてお返しさせて頂くつもりですので、来年のサトノアラジンとジャパンカップ 競馬無料予想のリベンジ情報に是非ともご期待を頂けますようお願い申し上げます。

ジャパンカップ コース攻略

プレイズエターナルはなかなかの好スタート。前に出ていく馬を見るように多少控え、道中は中団に付けて行きます。隊列のちょうど真ん中辺りを進めていくプレイズエターナル。内めでタメながら3〜4角を回し、直線では馬群の間隙を突いて末脚を伸ばそうとしますが、ちょっと前が狭くなって追い出しモタつきます。その隙に外からスムーズにアフォードが先頭に。狭いところをこじ開け、内めから何とかそれを追い掛けるプレイズエターナルでしたが、スピードに乗り切れず差が詰まりません。さらに外からスピードに乗って末脚伸ばしてきたキングレオポルドにも最後の最後で捕まってしまい、今日は3着までという結果に。

 

ちょっと直線でかなり狭いところに入ってしまい、スムーズな競馬ができませんでしたからね。仕掛けが遅れ、ジャパンカップようやくスピードに乗ったところがゴールと言う感じでしたからね。あれはちょっと勿体なかったですね。 しかし…ココは対抗評価として相手軸に据えていたアフォードが見事に快勝!しかもこの馬がなんとなんと…13番人気と超の付く低評価の人気薄に!!!プレイズエターナルが3着で押さえの馬券組みでの的中になってしまってはいますが、それでも驚愕の88万馬券的中でズガーンと441万と言う下半期NO.1の高額的中が!!!ジャパンカップ ちょっとアフォードの13番人気には我々としてはビックリしてしまいましたね!確かに近走こそ凡走続きですが、過去には重賞でも2番人気に支持されていた馬ですし、千直戦でも走れるパワーのある馬ですから、今日の様な渋った馬場で強いのは当たり前ですからね!

 

近走は字面で見れば明らかな通り、ジャパンカップ 競馬無料予想馬体がどうも増えずに状態を崩しての凡走続き。もともとあまり使われてからよりも間隔開けた方が走るようなところのある馬ですから、4ヵ月以上の休養明けのココでもいきなり狙い目ですし、実際18日の栗坂路では51.9-37.5-24.3-12.2というかなりの好時計をマーク!今週の栗坂路のベスト10に入るくらいの絶好の追い切りを見せているわけですし、ジャパンカップ間隔を入れて明らかに馬体も戻していました!中山は一見見映えしないかもしれませんが、重賞オーシャンSでの5着台頭実績があり、G1級のダッシャーゴーゴーと0.4秒差という走りができていて、福島などの走りからも適性が高いことが見出せる馬!ある程度軽視されることが見えていたココで、重賞級のこの馬を評価しない手はありませんでしたからね!

 

事前にも後藤TMの『相手では…アノ馬の激走可能性がかなり高いですね。ジャパンカップ 競馬無料予想前走は全く見映えしない敗走ですけど、ココはメンバー的にこの馬に有利な展開になりそうですし、何より中山への適性が高いですからね。軽視されるならオイシイ配当を演出する可能性がかなり高いと思いますよ。絶対に押さえておいてくださいね。』という穴馬激走についてのお話はお伝えさせて頂いておりましたが、ジャパンカップそれにしてもアフォードが13番人気とは!さすがにこの人気にはビックリしてしまいましたね! 1番人気馬と軽視される狙い目の実力馬の2頭軸と言う、いかにもジャパンカップらしい馬券組みで、ズバリ的中を撃ち抜いてみれば驚きの88万馬券的中!今年の中央競馬最後の最後の開催となるこの3日間開催で、あまりに劇的な超BIGHITが飛び出してしまいましたね! この度はこの2013年の中央競馬開催週に飛び出した劇的な大花火!一撃441万と言う超のつく高額的中おめでとうございます!この勢いで残り2日の中央競馬開催は勿論、2013年もこういったミリオン的中をドカーンとお届けしてまいりますので、是非とも今後のジャパンカップ 競馬無料予想情報もお見逃しなく!

ジャパンカップ 傾向

ディルガはなかなかのスタートを決めると、ジャパンカップウィリアムズ騎手が多少気合を付けて好位5番手辺りに付けて行きます。内枠から先行馬が多少早めのペースで引っ張るカタチ。ディルガは3角辺りで外めに持ち出すと、そのまま外を回して直線へ。直線では外からウィリアムズ騎手が追い出し、粘る前との差をジワジワと詰めて先頭に立ち掛けます。しかし、そこに大外からマイネルリベルタス。ジャパンカップこの馬の末脚に僅かに差し切られてしまったディルガでしたが、叩き合いで粘り腰を見せて2着は確保。 やや渋った馬場を気にしてか、先行馬のジョッキーが飛ばして速めのペースを作り出す展開でしたが、ウィリアムズ騎手はそれを見ながら早めに仕掛けていくという競馬。絶妙な仕掛けで嵌ったかに思ったんですが、そこをさらに目標にしていたマイネルリベルタスにさらわれてしまう結果でしたね。

 

ただ、マイネルリベルタス、ヒデノヒロイン、ジャパンカップティーエスハーツという上位台頭馬を見れば分かる通り、明らかに差し馬有利の展開で、比較的前々で進めて2着を確保しているディルガは負けて強しという内容。引き続き注目すべき1頭でしょう。 しかし…勝ったマイネルリベルタスが10番人気とはオイシすぎましたね!3着争いで14番人気のヒデノヒロインにティーエスハーツが捕まってしまい、ジャパンカップ高配当の3連複的中こそお届けできませんでしたが、マイネルリベルタスが軽視されすぎてくれたおかげで、馬連でも楽々16万のご獲得! マイネルリベルタスもこのメンバーでは18頭中で5頭しかいない前走馬券圏内好走馬。前走3着の内容的にも、逃げたショウサンミーベルが2着に粘り込めるような展開で、ほぼ後方からズバッと最速上がりで差しての0.4秒差3着台頭は充分に評価できるモノ。

 

ハッキリ言ってなぜココで10番人気にまで軽視されることになるのか…少なくとも5番人気以内になって当然の馬であり、ジャパンカップ 競馬無料予想では1番人気のシーサイドバウンドと同等の評価としていたくらいなんですけれどもね。 一体何をどう評価したらこの馬を10番人気にまで軽視できるのか?一般ファンの見極めの常識外れっぷりには、もはや笑えないレベル。こっちが恥ずかしくなってしまうくらいの低いレベルで馬券を購入し、カネを捨てるのですから本当に驚きですね!

 

おかげでそんな自分が常識外れな恥ずかしい投票をしていることも気づかない一般ファンを尻目に、ジャパンカップ 競馬無料予想の正確な情報を手にしている皆様は、当たり前のように好走馬を評価し、当たり前のように的中をGET!それでアッサリ馬連でも16万的中ですからね!これだから競馬は投資向きすぎてオイシイんですよね! 2013年最終週の開催でも、今年1年毎週のように飛び出していた一般ファンの見当違いすぎる投票によるオイシイ的中が飛出し、ジャパンカップ情報を手にしているだけで楽々掴めた16万の札束ご獲得、おめでとうございます!残り少ない今年の開催、そして来年からの開催でもこうした傾向は続くでしょう!今後もジャパンカップ情報を手にしているだけでガッポリ儲けられるはずですので、是非ともご期待ください!

ジャパンカップ 分析

アドマイヤケルソは若干出負け気味のスタートでしたが、ジャパンカップ小牧太騎手が気合をつけると二の脚利かせて馬群に付けて行きます。道中は中団の外々を追走するカタチ。比較的一団と言った先団を見ながら淡々と進め、3角辺りから気合をつけて外を回して押し上げ開始。直線では大外から追い出しを開始しますが、ココからの伸びがどうも今ひとつ。前との差は詰まるどころか徐々に開いてしまい、ジャパンカップ 競馬無料予想後続にも呑まれてそのまま馬群に沈む9着敗走に終わってしまいました。 前走をひと叩きされ、今回はデキが戻りつつあり、さらにイイ走りを見せてくれると見ていたのですが、いざ実戦ではどうもスタートから反応が鈍く、仕掛けてからも今ひとつ反応がないまま終わってしまったというカタチでしたね。

 

普段ならあの位置からもっと末脚伸ばせると思いますし、ジャパンカップ今日の馬場もこの馬向きだったはずなのですが…あのズブさを見る限り、完全に状態面が戻り切っていないということでしょうね。見極め甘く、お恥ずかしい限りです。 この度は軸馬の状態面を見誤るという失態、誠に申し訳ございませんでした。各馬の状態面への精査を改めて見直し、この借りは近々の内にお返しさせて頂くつもりですので、ジャパンカップ何卒巻き返しにご期待を頂けますようお願い申し上げます。 ジョバイロは若干出負け気味のスタート。今日は後方からになってしまいます。

 

大野騎手が何とか気合をつけて遅れを取り返し、ジャパンカップ 競馬無料予想道中は中団よりやや後ろといった辺りの内々を追走。3〜4角も内めを回り、直線では馬群の間隙を突いて末脚を伸ばしに掛かりますが、先行した4頭が完全に後続を引き離しており、この4頭での大勢が既に決してしまっているというカタチ。最後まで末脚こそ伸ばしているジョバイロでしたが、ジャパンカップその差を詰めることは全くできず、結局今日は前からは離された8着敗走。 今日はもうスタートの出負けに尽きるでしょうね。ある程度前に行った馬に有利な展開になることは見えていましたから、いつも通りの競馬さえできればジョバイロにも向くと思っていたのですが、スタート直後は最後方辺りまで置いて行かれてしまうようなカタチ。

 

結局展開的には前に行った馬有利と言う読み通りのモノでしたので、ジャパンカップそうなってしまうと、出遅れたジョバイロにはもうどうしようもないという状況。全く見せ場を作れないまま終わってしまいました。 ある程度想定通りの展開でしたから、2着したピグマリオンは勿論上位評価していましたし、他、上位台頭馬についても馬券組みには押さえられてはいたのですが…軸馬が出負けして見せ場ナシでは意味がありません。 ただ、ジャパンカップこうした出遅れなどについてもキッチリ見極めてこそのプロですからね。完全に軸馬としてピックアップする馬を誤ってしまったと言う結果であり、皆様には申し訳のない限り。 こういったお恥ずかしい不的中の無くなるよう、ジャパンカップ 競馬無料予想軸馬の精査に更に慎重を期してまいります。この借りは近々の内にお返しさせて頂くつもりですので、挽回にご期待を頂けますようお願い申し上げます。