菊花賞 競馬無料予想

MENU

菊花賞 競馬無料予想

菊花賞 競馬無料予想ガリバルディはスッとなかなかのスタートを決めますが、福永騎手はすぐに控えて後方へ。オールステイ、ウイントゥモローの2頭が先手を主張して飛ばし、その後ろは10馬身以上大きく差が開きます。単独3番手にサトノロブロイ。そこから2〜3馬身離れた4番手をガリバルディは追走。3角でも前の2頭はまだ大きなリードを取って直線へ。唯一、単独3番手だったサトノロブロイが早めからそれを捕えに掛かって早々に仕掛けていきます。ガリバルディの福永騎手はまだ動かず、4角でようやく仕掛け始めますが、直線では前とはまだ5馬身以上の差。直線末脚伸ばして必死に前に迫ろうとしますが、早め先頭に立っていたサトノロブロイとの差が全く詰まりません。

 

むしろ一緒に末脚伸ばしてきたハギノハイブリットにも競り負けるようなカタチで、菊花賞 競馬無料予想結局今日は3着までという結果。 さすがに福永騎手はタメすぎでしたね。確かに直線での弾けっぷりは案外と言う感じではありましたが、あのペースではどう考えても、単独3番手で実質スローの逃げというくらいの競馬ができたサトノロブロイにはまず届かないというのが目に見えていましたからね。菊花賞さすがに今後のことを考えた競馬とは言え、あんなにこのレースでの結果を無下にするというのは、ちょっと馬券を購入している人間を軽く見ていると言わざるを得ない騎乗。騎乗馬を得るために大レースにばかり目標をおいたオーナーや陣営に媚を売る騎乗をするのも分からないでもないですが、もう少し1つ1つのレースの結果も大事に騎乗して欲しいところです。

 

正直、菊花賞ガリバルディがハギノハイブリットにも0.1秒競り負けて3着までで本線的中を逃してしまったというのは、我々としては不本意なところではありますが、しかし…配当的にはそれによって思った以上にオイシイ配当になったという感がありましたね!たった8頭立てという絞り込みが難しくないこのレースで、52万的中なら、競馬無料予想会員の皆様としてはある意味オイシイ的中だったというカタチだったことでしょう! この配当の要因になったと言えるのは、2番人気のサングレアルが4着馬券圏外に沈むことをズバリ見抜いてバッサリ切り捨てられたという点でしょうね!

 

母ビワハイジという超の付く良血馬で、菊花賞あのブエナビスタなど名馬を数多く兄弟に持つ馬ではありますが、さすがにデビュー戦は荒削りでセンスだけで勝ったという感じでしたし、とにかくスローの瞬発力勝負という感じで、ペースが変わっての対応にちょっとまだ苦しみそうな幼さを多分に残していました。年末年始の調整自体は岩田騎手がビッタリついて入念におこなってはいたんですけれどもね。そのわりには…という内容で、菊花賞 競馬無料予想もう少し使ってからが投資ドコロという気配。メンバー的に超良血のこの馬がガリバルディと人気を分けることは分かっていましたし、それであればG1経験もあるサトノロブロイを評価して、サングレアルをバッサリ切り捨てる馬券組みに妙味があると踏んでいましたが、それがズバリ嵌った上に、ココまで妙味が出てくれたのはありがたいところでしたね!

 

この度は一般ファンが字面で飛びつく良血馬の取捨を冷静に見極め、競馬無料予想らしい万全の馬券組みでこそ掴めた52万の札束、おめでとうございます!ただ、我々としては福永騎手の騎乗がイマイチだったことは精査しなおすべき点だと考えており、ココはズバリだとは思っておりません!的中・不的中という表面的な結果だけに一喜一憂することなく、こうして“勝って兜の緒を締める”姿勢は今年も変わりません!深層までキッチリ見極め、精査し、とにかく皆様に万全な情報をお届けする菊花賞 競馬無料予想だからこそ、2013年もこうした札束をさらにお届けできるはず!是非とも今年の菊花賞情報にさらなるご期待をお願い申し上げます!

菊花賞 データ

スタート直後に2頭が落馬するという波乱の展開。菊花賞ハリケーンはそのアオリを受けるようなことはなく、まずまずのスタートから馬群に付けて行きます。道中はちょうど隊列の真ん中辺りの馬群の中につけ、福永騎手は折り合いに専念という感じ。3角辺りからジワッと押し上げて行き、4角では外に持ち出して、直線外から末脚を伸ばし前を捕えに掛かります。しかし、どうも末脚がジワジワと伸びず、前で完全に抜け出したマイネルバイカとの差は致命的。2番手のマイネルクロップとの差をサンビスタと並んでジワジワと詰めたものの、この2頭にも叩き合いで競り負けてしまい、結局今日は4着止まり。

 

4角で好位に付けていたマイネルバイカとマイネルクロップが押し切るようなカタチ。菊花賞直線でも結局少し前にいたサンビスタに、終い叩き合いで屈してしまったわけですから、ココは完全に福永騎手が後手過ぎたということでしょうね。直線では手応えが良かったですが、サンビスタに馬体を寄せられると多少脚色鈍るところもあり、ちょっと内面的な難しさを見せてしまったというところもありますが、せめてもう少し早めに仕掛けていれば、そういうところを見せないような競馬ができたという印象もありますからね。 ココは○▲と相手上位評価を付けたマイネルの2頭の連対決着。

 

福永騎手がもう少し上手く乗ってくれていれば、菊花賞 競馬無料予想恐らく皆様に的中をお届けできていたんですけれどもね…後手騎乗で不意にされてしまったという感が強いレースでかなりガッカリしてしまいましたね。新馬戦でこそ馬の力で勝利したものの、今日の福永騎手はどうも昨年のリーディングジョッキーとは思えないピリッとしない騎乗ばかり。正月気分が抜けていないような騎乗が目立ちますから、もっと気を引き締めて騎乗して欲しいところ。ちょっと明日以降の開催に向け、どれだけ騎乗を修正してくるか見極め直さなくてはいけないと考えていますし、場合によっては福永騎手騎乗馬を評価するレースを減らすことも検討しなくてはいけないと考えております。菊花賞 競馬無料予想 馬券登竜門の好走馬のピックアップに大きなブレはありませんが、こういったジョッキーの駄騎乗に足を引っ張られてはたまりません。各ジョッキーの騎乗面につきまして、大至急情報収集などを改めて行い、正確な精査ができるよう努めてまいりますので、近々の巻き返しにご期待ください。

菊花賞 コース攻略

ワンダーロードはスッと好スタート。菊花賞 競馬無料予想そのまま楽な感じで二の脚でスピードの違いを見せ、アッサリハナを取り切ります。これを外からハードロッカーがピッタリマークしてきますが、終始1馬身程のリードを取ってマイペースで逃げるワンダーロード。3〜4角では後続を引き離しながら直線に入ると、そこから一旦は完全に抜け出します。しかし1度引き離したアドマイヤジャコモに徐々に差を詰められると、残り100m辺りで捕まり、さらにヒラボクマジック、ハードロッカーにも詰め寄られたところでガクッと失速。

 

トリニティチャーチ、ショウナンダイラにも捕まってしまい、菊花賞結局6着敗走という結果に。 直線で後続を引き離し、アドマイヤジャコモ、ヒラボクマジックと続いてきたときは完全に的中をお届けできたと思ったんですけれどもね。終い急激にガクッと失速。2番手追走だったハードロッカーが3着に粘り込んでいるように、決してペース的には速かったというわけではありませんから、あれは完全にソラを使ったということでしょうね。 積極的に前に行く馬がおらずにハナを取らされてしまったというカタチだったのがイタかったですが、それにしても吉田豊騎手はちょっと慌てすぎでしたね。

 

間違いなくもっとタメられる展開であったにも関わらず、4角では仕掛けて早々に後続を引き離しに掛かるような早仕掛け。菊花賞キャリア4戦目と言う馬ですから、あれではソラを使う可能性があることはプロのジョッキーなら想定できるところだと思いますし、想定して騎乗するのが仕事だと思うんですけれどもね。ちょっとガッカリしてしまいましたね。 かなり能力が高い馬だとは思いますので、できれば吉田兄弟に騎乗を依頼するという方針を変えてもらいたいところなんですが…ちょっと勿体ない気がします。とはいえ、間違いなくワンダーロードの能力はあの程度ではありません。次走以降で必ず巻き返してくるはずですので、今後も引き続きこの馬に注目し、皆様に今回の借りをお返しさせて頂くつもりです。ワンダーロードと菊花賞のリベンジに何卒ご期待を頂けますようお願い申し上げます。

菊花賞 解析

バイザスターンはポンと絶好のスタート。菊花賞そのまま楽な感じでスッとハナに立ちます。隣のメレアグロスがこれをピッタリマークしてついてきますが、道中は1馬身程の差をキープしてハナのまま進めていくバイザスターン。手応え楽な感じで3〜4角を回って直線を迎えると、追い出して後続との差を広げ、一旦は完全に抜け出します。しかし、そこにトラキチシャチョウが末脚伸ばして迫ってきて、最後の最後にこの馬に僅かにかわされてしまったバイザスターンは惜しくも2着まで。 絶好のスタートからマイペースの逃げに持ち込んで、今日は押し切ったかに思えたんですけれどもね。

 

ちょっと抜け出してからソラを使ったかもしれませんね。菊花賞そこをクビ差だけ僅かにトラキチシャチョウに突かれてしまったというカタチ。後続は引き離していますし、強い競馬はしていますから、次走以降も注目の1頭にはなりそうです。 軸馬はキッチリ連対確保!勝ったトラキチシャチョウは相手上位に押さえていた馬で、その後ろにイタシャッツクヴェレ、メレアグロスも相手上位評価をつけていた馬でしたから、菊花賞ココはゴール前で的中を確信できてしまうほどの万全の馬券組み!終い外から9番人気のゴーザトップがグイグイ末脚伸ばしてきて、さらに「ナイスっ!」と声が出てしまうような決着で、全く隙のない的中を皆様にお届けできましたし、配当面でもある程度恵まれて約500%回収を危なげなく上げて頂けたレースとなりましたね!

 

カギになったのはゴーザトップの取捨くらいでしょうが、菊花賞デビュー戦の芝レースでは明らかにキレ負けしていた馬で、ダート替わりは間違いなくプラス材料。デビュー戦を1度使ったことで、当然上積みが大きく、馬体がグッと引き締まって気配がかなり上向いていましたし、砂を被って気を悪くしなければ上位に食い込んでくる可能性は充分にあった1頭。幸騎手が終いを活かす好騎乗をしましたし、ダート適性も思った以上に高そうですね。今後も注目したいところです。 ご覧頂けた通り、もう直線半ばでは的中をほぼ確信頂けるような決着!これぞ菊花賞 競馬無料予想と言う万全すぎる的中でしたね!配当が爆発すれば当然目立つ的中となりますが、マグナムと言えば、正確無比な好走馬ピックアップや柔軟で幅広い馬券戦術で、数字ばかりを売りにする同業他社とは本質的にレベルが違うことを長年多くの方から支持されている情報!それがよくお分かり頂ける的中になったかと思われます! 菊花賞今後も他社ではまずできない、こうした正確で万全な情報をお届けしてまいりますので、是非ともご期待ください!この度の余裕を持ってゴールを見守れる500%回収、おめでとうございます!