きさらぎ賞

MENU

きさらぎ賞

きさらぎ賞9番人気馬激走も軸馬鞍上に不意にされる… ◎14マコトナワラタナ [1人気/11着]    『3連単フォーメーション』 1着14 2着2.16 3着2.6.7.8.9.12.16 各1,000×12点 1着2.16 2着14 3着2.6.7.8.9.12.16 各500×12点 推奨購入金額18,000円 結果 3連単2→16→7 【不的中】 マコトナワラタナはスッと好スタートを決めましたが、川島信騎手はスッと控えて後方へ。そのまま道中は後方から2〜3番手の位置にまで下げて道中を進めると、3〜4角では大きく外に持ち出して徐々に押し上げ開始。

 

直線でも大外に持ち出して追い出しますが、きさらぎ賞さすがに外々ロスして回し過ぎたせいか前との差が詰まりません。結局そのまま伸びを欠くカタチで今日は11着まで。 確かに末脚自慢な馬ではありますが、別段、最後方から進めなくてはいけないという馬ではなく、前走のようにある程度前めにつけても立ち回れますからね。さすがに今日は馬場が馬場なわけですし、展開的にも先手を取ったアンバルブライベンが押し切るようなカタチで、2〜4番手辺りで立ち回った馬がそのまま2〜4着に台頭しているなわけですから、川島信騎手が控えすぎたせいでの敗走であることは誰が見ても明らか。しかも、その展開見極めのとんでもないズレに加えて、あれだけ大ロスして外を回していたのでは間違いなく届きませんからね。あまりにガッカリという駄騎乗に溜息が出てしまいました。

 

ただ、事前にも『唯一懸念材料があるとすれば、鞍上が川島信騎手に乗り替わるという点だが』とハッキリお話ししていましたから、きさらぎ賞それをなぜもっと割り引けなかったのかというところですからね。 結果的にも○▲評価をつけた2頭の連対決着であり、勝った9番人気のアンバルブライベンも上位評価できていたわけです。3着6番人気テイエムタイホーも、4着7番人気シゲルアセロラも、5着5番人気ヤマニンプチガトーも馬券組みに押さえているという好走馬ピックアップでしたから、川島信騎手への乗り替わりをもっと割り引いて、○▲をシッカリ評価することができていれば…12万馬券的中もお届けすることができていた可能性はかなり高いんですけれどもね。

 

あのような駄騎乗をするジョッキーをシッカリ評価できなかったことが本当にお恥ずかしく、きさらぎ賞申し訳の無い限りです。 この度は9番人気勝ち馬含め、連対2頭に○▲評価をつけての馬券組みだったにも関わらず、プロとはいえない駄騎乗をする鞍上騎乗馬に本命をつけてしまい12万馬券的中を逃す大失態、誠に申し訳ございませんでした。激走穴馬含め、マグナムの好走馬ピックアップに大きくブレがあるわけではございませんので、そこを多少なりともご評価頂き、今回のような十万馬券クラスの配当を的中させる情報にご期待頂けましたら幸いです。