京都新聞杯 競馬無料予想

MENU

京都新聞杯 競馬無料予想

京都新聞杯 競馬無料予想多少スタートで他馬が落ち着くのを待たされましたが、トウカイストリームはそれに動じることなくスッとスタートを決め、そのまま好位につけていきます。道中は先手を主張する4頭を見ながら好位5番手を追走。3角手前辺りで後続が一気に押し上げてきますが、ルメール騎手はじっとしたままで一旦は中団辺りまで位置を下げ、外に持ち出すと3角辺りから押し上げ開始。そのまま追っ付けながら4角を回して直線では外から末脚を伸ばそうとしますが、直線での手応えは今ひとつ。結局そのまま馬群に沈み、今日は9着敗走に終わってしまいました。

 

京都新聞杯勝負どころで他馬が仕掛けているのにルメール騎手が仕掛けていかなかったというのもちょっと疑問が残る騎乗でしたが、それにしてもルメール騎手が仕掛けてからの手応えが悪かったですからね。ルメール騎手も追っ付け追っ付けという感じでしたし、直線に至っては全く伸びていかず、追えば追うほど後退してしまうというくらい。馬体が増えたのは成長分で、数字こそプラスですが、前走以上に引き締まっているように映ってはいたんですけれどもね。

 

もっと絞れた方がイイということなのかもしれませんね。ちょっと状態面の見極めが甘すぎたという感がありますので、今後の成長も含め、この馬に関しては慎重に見極めていきたいところ。 ただ、デビュー戦内容から間違いなく未勝利クラスを勝ち上がれるだけのセンスは持ち合わせている馬で、シッカリ力を出し切れば巻き返しも充分に想定できます。今回の敗走でガクッと軽視されて人気が落ちる可能性も充分にありますので、京都新聞杯 競馬無料予想もしかすると次走以降で狙い目になるレースがすぐにあるかもしれません。引き続きこの馬に関しての精査を行い、そういったチャンスがあれば、今回の借りをそこで数倍、数十倍にして皆様にお返しできるよう努めてまいりますので、挽回にご期待を頂けますようお願い申し上げます。