武蔵野S 競馬無料予想

MENU

武蔵野S 競馬無料予想

武蔵野S 競馬無料予想サトノルパンはちょっとイマイチというスタートでしたが、大きく出負けするようなことはなく馬群につけていきます。道中は後方から3〜4番手辺りまで下げ、小牧太騎手はとにかく折り合いを付けながらというカタチでの追走。3角辺りで外めに持ち出しながらスーッと押し上げ開始。そのまま手応えよく最終コーナーを回り、直線では大外に持ち出すと、ほとんど持ったままでも前を捕えるくらいの伸び。小牧騎手がGOサインを出すと完全に1頭次元の違う末脚で大外から前を捕えて突き抜け、武蔵野Sそのまま後続に3馬身半のリードを取って悠々の圧勝劇!

 

ココはもう自分との戦いという感じで、武蔵野S小牧太騎手が道中とにかく折り合いに専念しているのが見て取れましたが、シッカリ折り合って進めると、最後はもう相手など全く関係が無いような切れでアッサリ他馬を一蹴!明らかにレベルが1頭完全に抜けていたということがレースを見れば誰の目にも明らかで、この馬のアタマ固定以外の馬券組みなどあり得ないレースであったということが皆様にも良くお分かり頂けたことでしょう! ただ…最後アイアムナチュラルがブラックカイトとの差を積めて3着を確保してくれるかに思えたのですが、武蔵野S 競馬無料予想どうも詰めが甘い感じで0.1秒差詰め切れずの4着まで。あと僅かなところで的中が零れ落ちてしまう結果となってしまいました。

 

8番人気と軽視されていたフォルシャーも、武蔵野S明らかに成長途上だったデビュー戦を使われて、一気に成長を見せているココなら好走あっておかしくないと、シッカリ2着台頭を押さえられていたんですけれどもね…対抗馬が0.1秒詰められなかったというのは本当に申し訳のないところ。お届けできたはずの的中を、ミスミス馬券戦術面で獲りこぼしたというカタチでしたね。 この度はオイシイ的中が僅か0.1秒差のところで零れてしまうという結果、誠に申し訳ございませんでした。こういったことが無いよう、馬券戦術面をさらに進化させ、様々な結果をフォローできるレベルにしていくつもりですので、武蔵野S 競馬無料予想この借りをお返しする情報に何卒ご期待を頂けますようお願い申し上げます。