新潟大賞典 競馬無料予想

MENU

新潟大賞典 競馬無料予想

新潟大賞典 競馬無料予想ヒカリブランデーはなかなかの好スタート。内田博騎手が芝部分で押して行ってハナを主張。外からコーデュロイがこれに競りかけてきますが、内田博騎手はそのままハナを取り切って道中を進めていきます。ほぼ一団という感じで最終コーナーを迎えますが、ヒカリブランデーの手応えはまだ楽。直線に入って追い出すと一旦は抜け出し、2〜3馬身のリードを取って逃げ込み態勢。しかし、坂を上り切った辺りでシゲルオオスミ、キョウエイマグマの2頭が外から強襲。この2頭に最後の最後で捕まってしまったヒカリブランデーは今日は3着までという結果でした。

 

押し切った!…そう思ったんですが、最後の最後で失速してしまいましたね。新潟大賞典序盤でコーデュロイが思った以上に突いてくるシーンがありましたから、それが最後の最後で効いてしまったという感じでしょうか。連対2頭は後方で脚をタメていた馬ですし、4着のアルディバインも中団からだった馬。完全に差し馬有利の展開で、レースを引っ張って逃げ粘り、0.1秒差であれば、ヒカリブランデーは負けて強しという内容でしょうね。展開さえ向けば間違いなく未勝利は勝ち上がれる1頭ですから、今後も注目でしょう。 ココはこういった差し馬に強襲されるような展開まで想定はできており、だからこそヒカリブランデーが3着になっても問題ない3連複のみの馬券組みで臨めていましたし、差し馬キョウエイマグマは相手上位に押さえていました!

 

これがキッチリ嵌りましたね! 新潟大賞典 競馬無料予想何より…我々も想定以上の末脚を見せたのが8番人気で勝利したシゲルオオスミ!この馬まで馬券組みに押さえることができたのはズバリでしたね! 前走で2走前の惨敗から巻き返しムード。中山替わりしたことが明らかにプラスに働いているというところを見せており、この中山ダート6ハロンへの適性の高さが明らかに見出せる馬でしたが、さらに、この中間の南Wでの乗り込みの動きがとにかく良かったですからね!22日の追い切りでは重馬場の南Wで強めに追われただけでラスト1Fを12.8秒という末脚で駆け抜けて見せましたが、その時計以上に動きに素軽さがあり、この年末年始も陣営がキッチリ仕上げてきた効果が見るからにあるという状態だったこの1頭!

 

前走前々で立ち回って比較的好走できていながらも、新潟大賞典今日は再びタメる競馬という腹をくくった騎乗ができた後藤浩騎手へ手が戻ったことも大きかったという印象で、この鞍上の乗り替わりを重視できたことも大きかったですね! 正直、単式でこの馬の1着まで想定するのは難しいというところでしたが、展開にかなり幅があるというシミュレーションから、高配当も見据えた幅広い3連複を選択するという戦術面も光った1戦と言えるでしょう!おかげで3連複でも万馬券というオイシすぎる配当を的中し、皆様に13万の戦利金をお届けすることができました!

 

新潟大賞典 競馬無料予想ならこうした一般ファンには見えていない急上昇の穴馬の激走も押さえられる上、戦術面もとにかく各レースに最も適したモノを選択できてしまうわけです!いかにマグナム情報が皆様にとって有益であるか?このレースで改めてご実感頂けたのではないでしょうか! この度は1番人気軸からの3連複でも万馬券というオイシすぎる13万ご獲得、おめでとうございます!今後も新潟大賞典だからこそというこうした戦術光る的中をガンガンお届けしていまいりますので、引き続きの札束量産にご期待下さい!