セントウルS 競馬無料予想

MENU

セントウルS 競馬無料予想

セントウルS 競馬無料予想ダラニはポンと絶好のスタートを決めますが、ルメール騎手は内枠の馬の出方を窺うカタチで多少控え、4枠2頭を前に行かせます。そのまま道中は3番手の外々を回り、3番手のままで3〜4角を回して直線へ。直線では前の2頭からコーリンベリーが一気に抜け出します。追い出してそれを捕えようとするダラニでしたが、追われてからの伸びがどうももうひとつ。コーリンベリーとの差は開く一方で、外からワディにもアッサリかわされてしまうと、最後は内から伸びたカネトシビバーチェにも捕まってしまい、今日は4着止まりと言う結果に。

 

逃げたコーリンベリーを目標に進め、万全のカタチで直線へ。セントウルS 競馬無料予想あとは末脚伸ばしてそれを捕えるだけという完全勝ちパターンの競馬かに見えたのですが、直線での末脚があまりにありませんでしたね。逃げたコーリンベリーがそのまま押し切っている通り、決してペースが速かったということはありませんし、馬体もキッチリ仕上がっていたんですけれどもね。 まだキャリア2戦目の馬ですので、内面的な幼さが影響したというところが大きいとは思いますが、ちょっと不可解なほど終い伸びませんでしたから、適性面や状態面について、もう1度キッチリ見直さなければいけないところ。ちょっと軸馬への見極めが甘すぎたと反省の残る結果です。

 

勝った13番人気穴馬コーリンベリーの激走も視野に入れていただけに、軸馬精査部分でこちらも相手に押さえることができていたワディなどを評価し、馬連などの馬券組みでさえ臨んでいれば、ココは馬連ですら300倍近い配当が飛び出したレースでしたからね…相手に押さえた3頭で決まって3連単159万馬券と言う結果。セントウルS 競馬無料予想何とかこれを皆様にお届けできなかったものかと非常に悔やまれるところでした。 この度は馬券圏外に沈む馬を手放しに信頼してのアタマ固定の馬券組み、お恥ずかしい限りです。この失態は早々に挽回すべく、改めて精査に努めてまいりますので、競馬無料予想のリベンジに是非ともご期待を頂けますようお願い申し上げます。