シンザン記念

MENU

シンザン記念

シンザン記念軸馬完勝!14番人気馬激走押さえて約50万的中! 【東京10R】◆軸馬完勝!14番人気馬激走押さえて約50万的中! ◎4ラングレー [1人気/1着]    『3連単フォーメーション』 1着4 2着3.16 3着1.2.3.5.9.13.16 各1,000×12点 1着4 2着1.2.5.9.13 3着3.16 各500×10点 推奨購入金額17,000円 結果 3連単4→9→3 【98,270円的中!】 払戻 [982.7倍×500円] 49万1,350円獲得! ラングレーはスッとなかなかの好スタート。先手を主張していく馬を見るように戸崎騎手は多少控え、好位に取り付いていきます。道中はそのまま好位5〜6番手辺りの内々に仕舞ってタメながら進めるラングレー。3〜4角では内を突いてジワっと押し上げていきますが、ちょっと外に上手く持ち出せないという様子。それでも直線では狭い内めの間隙を突くように追い出すと、力強い末脚で馬群を割って伸び、2番手から先頭に立って押し切りを図ろうとするダイワリベラルを残り100m当たりで捕らえます。

 

最後外からゴールドアクターがこれ目掛けて伸びてきますが、この追撃を寄せ付けなかったラングレーは見事にシンザン記念快勝! 3〜4角では戸崎騎手が外に持ち出そうとするところが見られたもののスムーズにいかず、多少ヒヤっとしましたが、戸崎騎手が腹を括って内から追い出すと非常に力強い伸び!まさに馬群をこじ開けるというカタチで狭いところを伸びてきての完勝でしたから、着差以上に強い競馬だったと思いますね!戸崎騎手も見事な騎乗だったと思います! さらに、自信を持ってアタマ固定した軸馬完勝だけではなく、ココはなんと2着に台頭したゴールドアクターが14番人気と超低評価を受けての激走!相手上位に評価したダイワリベラル、ラハイナルナの2頭が激戦の3着争いを演じていましたから、この争い関係ナシで約50万と言うオイシすぎる的中をガッチリ掴んで頂けましたね! とにかくココでカギとなったのは14番人気のゴールドアクターの2着を押さえられるかと言うところだと思われますが、前走で未勝利戦を勝ち上がったばかりだとはいえ常に好走を演じることができていましたし、ココで14番人気にまで軽視されるほど凡走続きの馬ではないんですけれどもね。

 

陣営からも「これまではずっと馬体に緩めが残っていたけど、この中間ビシッとやってかなり引き締まった。シンザン記念デビューからこれまでで1番イイ馬体になっているね。」という自信タップリの話が聞けていました。その陣営の話通り、近々には南Wでかなりキッチリ乗り込んできていましたし、その効果あって、5日の南Wでの追い切りでは、1秒追走した併走馬をグイグイ伸びてキッチリ捕える好走ぶり!52.4-37.8--13.2という時計から考えてもも、明らかにこれまでのこの馬とは違うという走りでしたからね!これはココでさらに上昇しての食い込みは充分にあるということが想定できて当たり前というくらいの1頭! 勿論この激走穴馬をピックアップできるマグナムの穴馬ピックアップは皆様に常々ご評価を頂けている点ではありますが、

 

この馬の2着をシッカリ押さえるというシンザン記念戦術もズバリでしたし、その戦術を取るためには、軸馬に絶対の自信を持ってアタマ固定する必要がありましたからこれもズバリ!14番人気馬を押さえていたことばかりが目立つかもしれませんが、こういった部分が全て嵌ってこそ、オイシイ戦利金は掴めるのです!逆にそれが1つでもできなければカネを失うわけです!いかにマグナムの情報の質が高いか?そしてそれを持っているということが勝つために重要であるか?皆様には改めてこのレースでご実感頂けたのではないでしょうか? この度はアタマ固定の絶対自信軸馬快勝!さらに激走14番人気馬も押さえた完璧の馬券組みというマグナムらしい約50万的中、おめでとうございます!今後もマグナム情報があれば、こうしたオイシイ戦利金がガンガン掴めるはずですので、更なる高額的中にご期待下さい!

 

『立春賞』…不的中 【東京9R】◆終い伸びを欠き… ◎9ベステゲシェンク [1人気/6着]    『3連単フォーメーション』 1着9 2着2.5 3着2.5 各3,000×2点 1着2.5 2着9 3着2.5 各2,000×2点 1着9 2着2.5 3着1.7.8 各500×6点 1着2.5 2着9 3着1.7.8 各500×6点 推奨購入金額16,000円 結果 3連単2→5→1 【不的中】 シンザン記念ベステゲシェンクはなかなかのスタート。前に行く馬を見るようにリスポリ騎手はスッと控えて、道中は中団辺りの外々を回して追走していきます。ミヤコマンハッタンが後続を5〜6馬身離しての逃げを打つ展開。ベステゲシェンクは3〜4角で外を回してジワっと押し上げていくと、直線でも多少タメを利かせ、残り400mを切った辺りで満を持してという感じで追い出し開始。しかし、追われてからの伸びがどうももうひとつ。逃げたミヤコマンハッタンが粘り込むのをボーイフレンドやエバーグリーンが必死に追い掛ける中、ベステゲシェンクは多少外に膨らみ気味なこともあってそこから徐々に遅れを取ってしまいます。最後はアールデュラン、ウィケットキーパーにも捕まってしまい、結局今日は6着までという結果に。 この時点では稍重という発表の馬場でしたが、それ以上に渋いという印象の馬場でしたからね。

 

ペース的にも結局、逃げたミヤコマンハッタンが逃げ切り勝ちを収めるようなもので、リスポリ騎手がタメにタメたのが完全に裏目に出てしまうような結果となってしまいました。 それにしても終いはちょっと伸びなすぎたという印象はありますから、馬体こそ仕上がっていたものの、久々の影響が内面的にあったかもしれませんし、この馬の馬場適性に関して1度見直す必要がありそうですね。我々としても見極めが甘すぎたというお恥ずかしい不的中でした。 3連単で665倍と言うオイシイ配当を演出した5番人気勝ち馬ミヤコマンハッタンは、この馬場を活かすと見て上位評価できていましたし、2着のエバーグリーンにも上位評価。○▲2頭で連対は決しているのですが…軸馬があれでは全くの無意味ですね。 この度は軸馬が馬券圏外に沈むというお恥ずかしい失態、誠に申し訳ございません。こういった失態が無くなるよう、各馬の状態面や適性について、さらに慎重な精査を行ってまいります。今回の借りは近々の内にお返しさせて頂くつもりですので、挽回を果たす高額的中に今一度ご期待を頂けますようお願い申し上げます。

 

『3歳未勝利』…不的中 【東京5R】◆終いのモタつきで痛恨の0.3秒差5着… ◎3アースプレイ [2人気/5着] シンザン記念   『馬連』 3-11 5,000円 『3連複軸2頭流し』 軸3.11 相手1.2.6.8.10.16 各2,000×6点 推奨購入金額17,000円 結果 馬連10-11 【不的中】 3連複2-10-11 【不的中】 アースプレイはスッと好スタート。1や10、そして13辺りが先手を主張していくのを見るように、その後ろあたりの好位に控え、折り合いをつけながら道中を追走。比較的ゆったりした流れで凝縮し隊列。アースプレイはちょっとそのペースにカカるようなところも見せていましたが、田中勝騎手がシッカリ折り合いをつけ、好位内めの馬群の中につけたまま3〜4角を回して直線を迎えます。直線では追い出そうとしますが、ちょっとかなり狭くなってしまってなかなかうまく抜け出せません。強引に外めに開いた間隙を突こうとしますがそれも上手くいかず、結局前の馬たちの外に一旦持ち出してからという追い方に。

 

終い外に持ち出されてからは末脚を伸ばしましたが、ちょっと追い出しがモタついた分だけ前には届かないという感じ。結局詰め切れずの5着止まりとなってしまいました。 展開のアヤという感じではありますが、もう少し田中勝騎手には上手く立ち回って欲しかったですね。シンザン記念5着とはいえ勝ち馬とは0.3秒差でしたし、終い完全に脚を余したという感じですから、3〜4角でなるべく進路を取り易いように立ち回っておいてくれていれば、ココは勝利もあったというレース。正直、勿体ないレースでしたね。 結局対抗評価して、相手軸として押さえたほどに評価していたヴェルジョワーズが勝利し、2〜4着馬も当然のように馬券組みに押さえていた我々としても、田中勝騎手の騎乗にちょっとガッカリという印象。あの0.3秒差…いや、3着馬との0.2秒差が本当に残念な結果でした。 ただ、こういった騎乗になるような鞍上を信頼してしまったのは我々ですし、見極めが甘かったと言うこと以外にはありません。鞍上に関してさらに入念な精査を行い、こういった失態が無くなるよう努めてまいりますので、挽回に今一度ご期待を頂けますようお願い申し上げます。 この度の不的中、申し訳ございませんでした。