スプリンターズS 競馬無料予想

MENU

スプリンターズS 競馬無料予想

スプリンターズS 競馬無料予想ベルモントベガスはなかなかの好スタートを見せますが、先手を主張していく馬を見るように石崎駿騎手は多少控えて出ていきます。道中は中団辺りにつけ、3角辺りから追っつけてウチ目から押し上げを図りますが、この辺での手応えがどうももうひとつ。直線では一気に外に持ち出し、石崎駿騎手が必死に追うと、残り100m辺りからようやくスピードに乗って来て、前のメイプルプリンセス、サルサコスモ、スマートライナーにジワジワ迫りますが、スマートライナーこそ捕らえたものの残り2頭は捕らえきれず。

 

結局今日は3着までという結果でした。 石崎駿騎手は今日は控える競馬を選択しましたが、勝負どころで思ったほど反応がよくありませんでしたね。ズブさを見せて、ようやくスピードに乗ったころには時すでに遅しというところ。スタートは決まっていましたから、前半でもっと押して出していっていればというところはありますが、スプリンターズS 競馬無料予想あれはもうまだまだキャリア1戦馬だからという内面的な幼さが多分に出てしまったというところでしょう。 あともう1頭、サルサコスモも捕らえてくれさえすれば、馬連&3連複W的中というところだったのですが、ココは軸馬が3着までと言うことで、3連複のみの的中に留まる結果。

 

馬連を厚めに押さえた戦術が裏目に出てしまい、皆様に利益をお届けできないお恥ずかしい結果となってしまいました。スプリンターズS3連複を絞り込み、厚めに押さえる戦術を取るべきであったと戦術面でも反省しております。 ただ、的中自体はお届けできている通り、競馬無料予想 馬券登竜門の好走馬ピックアップに大きくブレがあるというわけではございません。さらに戦術面などの精査を図ることで、スプリンターズS配当面がついてくるレースでは数十万クラスの的中も飛び出してくるはずです。今後の情報に是非ともご期待を頂けますようお願い申し上げます。

スプリンターズステークス データ

オリービンはスッと好スタートを決めますが、先手に出ていく馬を見るようにすぐに岩田騎手は控えて後方へ位置を下げます。スプリンターズSそのまま中団より後ろまで下がり、道中は後方から5〜6番手まで控えての追走。3〜4角でもジッとしたままの岩田騎手。直線で外めに持ち出してようやく追い出しを開始しますが、先に仕掛けていたフィエロ、ウイングザムーン、シェルビー、マコトブリジャールらとは明らかに致命的な差が開いてしまっており、脚色もほぼ一緒。結局それらの早めに仕掛けた馬たちに続くようなゴールでどう見ても脚を余しての6着敗走。

 

さすがにあれはもう岩田騎手のせいでの敗走と言っても過言ではないでしょうね。いくらなんでもあの展開で直線までジッとしたままでは勝てるモノも勝てません。スプリンターズS道中オリービンの少し前にいた馬たちが、普通に3〜4角の勝負所で仕掛けていって直線で末脚伸ばして台頭しているわけですし、オリービンも本来はそういった仕掛けが持ち味の馬であり、直線だけで何とかするようなタイプの馬ではないはずですからね。上がり33.7秒なら、この馬としてはかなり末脚を使っているという印象で、上手く持ち味を活かした立ち回りをしてあげていれば勝ち負けも充分あったとは思うのですが…

 

今日はスタートもかなり決まりましたが、それを岩田騎手の判断で制し、スプリンターズS 競馬無料予想控えに控える競馬に徹したわけです。それで終い脚を余して馬券圏外敗走では馬の持ち味を活かせなかったレベルではなく、完全に馬の足を鞍上が引っ張ったということ。“酷い”の一言しかない、馬の持ち味も展開も全く無視したプロ失格の後手騎乗だったと思いますね。 この年始開催の2日で、スプリンターズSココまで勝利が無く、人気馬も馬券圏外に飛ばしまくっている岩田騎手。特に本日は、酷すぎるタメ殺し騎乗が目立っていて、本日メインレースのタニノエポレット騎乗に気が行きすぎる余りに、その馬の持ち味であるタメる競馬を他の馬にも無理に当てはめてレースしようとしているのではという不信感があります。余程メインレースに何かあるのか…

 

キナ臭い匂いがしますので、スプリンターズSその辺をちょっと関係者含め徹底的に取材しなくてはいけませんね。 とにもかくにも、この度は信頼した軸馬鞍上がプロとは思えないレベルの酷い騎乗をしての不的中、誠に申し訳ございませんでした。岩田騎手についての徹底的な取材を行い、この借りは岩田騎手の騎乗鞍でキッチリお返しできるよう、情報収集を行ってまいります。場合によってはミリオンクラスの的中に繋がるような驚愕の的中が飛び出す可能性もございますので、ご期待を頂けますようお願い申し上げます。