天皇賞春 競馬無料予想

MENU

天皇賞春 競馬無料予想

天皇賞春 競馬無料予想アトムが出走取消のため、全額返還となります。ご注意ください。 開催直前に軸馬アトムが右寛跛行で出走を取消してしまうというアクシデント。見極め難いこととはいえ、こういった状態の馬を軸馬として推奨してしまったのは非常にお恥ずかしい限り。 レースでは全く危なげない競馬で、トゥザワールドが外から楽々他馬をねじ伏せて突き抜ける快勝。さらに2着にはミヤビジャスパー、3着にはアドミラルシップと、ヒモに絞り込んだ2頭。

 

つまり、天皇賞春がたった3頭まで絞り込んで押さえた3頭が上位を独占するという結果…。 仮に軸馬が出走していれば、絞り込んだ3連単4点的中も見えるようなこの結果には、アトムさえ無事に出走していれば…と思ってしまわざるを得ないところではありますが、そもそも軸馬が出走すらできないのでは何の意味もありませんからね。天皇賞春 競馬無料予想“たら・れば”を言い出せばキリがありません。申し訳がないとしか言いようのないアクシデントでした。 この度は、なかなか見極めの難しいアクシデントが発生したとはいえ、肝心の軸馬がレースにすら出走できないというお恥ずかしい状態見極め、誠に申し訳ございませんでした。各馬の状態面の精査にさらに力を注ぎ、こういった失態が無くなるよう努めてまいります。引き続きのご期待を何卒お願い申し上げます。

 

天皇賞春タガノグランパはまずまずと言った感じのスタート。そのままスッと馬群中団辺りに取り付き、内々でタメながら道中を進めていきます。3〜4角でも中団内々を回して直線に入ったタガノグランパ。直線では内めを突くカタチで菱田騎手が追い出し、前で粘るコスモグラウベに徐々に接近。直線半ば辺りで捕らえると、ねじ伏せるようにグイっと前に出て、そこからは後続を突き放します。最後は菱田騎手が手綱を緩めるようなカタチでも、天皇賞春結局2着に1馬身以上の差をつけての快勝! 全く危なげない勝利という感じでしたね!菱田騎手もこの馬の力を信頼し切ったという内々でジッとして、終い力強く突き抜ける好騎乗!コスモグラウベが結局粘っているわけですから、道中中団だったこの馬に決してペースが向いたというわけではありませんでしたが、それでも最後は余裕を見せても差をつける快勝!

 

やはりココでは力が違いすぎましたね!重賞好走レベルのセンスを見せつけてくれました!天皇賞春 さらに!2着に逃げたコスモグラウベが粘り込み、大接戦の3着をキンシノキセキが僅かに制しての◎→○▲ド本線的中!この2点に絞った本線フォーメーションをかなり厚めに押さえる戦術で臨んでいましたから、我々としては見極めズバリの的中! …が、しかし!その大接戦の末タイム差ナシで4着に敗れたデンコウウノがなんとココでは13番人気と超のつく軽視を受けていた馬で、この馬が3着に食い込んでいれば、3連単配当は1060倍!

 

天皇賞春ではこの馬の3着を薄めのフォーメーションとはいえ押さえており、こちらなら押さえのフォーメーションでも一撃ミリオン的中となっていたという高配当!◎→○▲ド本線という気持ちイイ的中をお届けできているにも関わらず、これはこれで悔しい結果という複雑なレースでしたね… 正直、2着のコスモグラウベは近2走が5着→4着という敗走続きですから、3番人気にまで支持されてしまうとはちょっと想定外。後方からの馬が多く、明らかにこの馬がマイペースで逃げられる展開になる可能性が高かったわけですが、ちょっとそれがミエミエすぎたということだったのでしょうね。

 

配当的には僅かに3〜4着が入れ替わったのが残念だったとはいえ、天皇賞春としては見立て通りすぎる◎→○▲ド本線2点フォーメーション部分的中ですし、見立て自体はとにかく正確そのもの!配当面はどうしても後からついてくるものなわけですから、こうしてとにかくその結果に対してベストと言える馬券戦術を駆使できているということが大事なわけです!特にこのレースでは結果的にド本線2点部分の厚めに押さえた的中をお届けできているわけですし、天皇賞春 競馬無料予想紙一重で仮に穴馬が3着に突っ込んできていても的中!しかもその際は一撃ミリオン的中をお届けできるという“ベストオブベスト”という馬券組みで臨めていたわけですからね!皆様にも天皇賞春の情報がいかに正確無比なものであるかということがよくお分かり頂けたはずです! ココでも帯封獲得が紙一重でしたが、この馬券戦術がある限り、いずれ一撃帯封クラスの的中がその手に掴めるということが皆様にも想像して頂けたはず!近々に飛び出すであろうそういったミリオンクラスの的中を絶対にお見逃しの無いよう、引き続き競馬無料予想情報にご注目下さい! この度は◎→○▲ド本線2点フォーメーションでの38万的中、おめでとうございます!!!

 

天皇賞春ドラゴンフォルテはポンと好スタート。内田博騎手が気合いをつけますが、ちょっと二の脚でダッシュがつかない感じもあって、先手を主張する馬を前に行かせるカタチを取ります。道中は中団まで一旦位置を下げ、3角辺りからジワっと押し上げ開始。直線では外に持ち出して末脚伸ばしに掛かりますが、追われてからの伸びがどももうひとつ。ジワジワとしか伸びず、前との差はなかなか詰まっていきません。結局今日はそのまま見せ場を作れずの6着敗走に。 スタートはかなり良かったんですけれどもね。その後内田博騎手が気合いをつけても前に出ていかず、その辺りまではいつものことかと思っていたんですが、勝負どころでもどうも手応えが今ひとつ。

 

いつものような長くイイ脚が使えていないと言う印象でした。 昨年10月に復帰してから、その後これで5戦目。かなりのスパンで使ってきていますから、見た目には大きく馬体も変わっておらず、悪くない状態に見えましたが、もしかするとちょっと目に見えない疲れが溜まっているのかもしれませんね。天皇賞春 競馬無料予想その辺を今一度精査しなおさなくていはいけないと考えております。 この度は馬券圏外に敗走するような状態面の馬を軸馬として推奨してしまい、誠に申し訳ございませんでした。状態面の精査をさらに強化し、この借りは近々の内にお返しさせて頂きますので、巻き返しにご期待を頂けますようお願い申し上げます。